内申点って重要?新潟県公立高入試制度を再確認

内申点って重要?新潟県公立高入試制度を再確認

公立高校一般入試の制度と内申点の関係がわかった喜びを表現する、笑顔をみせる女性の写真

 

先日、中学2年生の息子さんをもつお母さまから「内申点について、もう一度説明してもらえませんか?」とご相談頂きました。
高校入試の制度、しっかり理解しておきたいけど複雑でわかりにくいな、と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで、新潟県公立高校一般入試の中で、比較的多くの高校で採用されている2日試験がある(=学校独自検査がある)高校の合格不合格の決め方について、以前作った資料を元に再確認してみたいと思います。

 

公立高一般入試の合否を決める材料

2日試験がある(=学校独自検査がある)公立高一般入試の合否は、次の三つの材料で決まります。

 

@内申点 : 調査書(=内申書)の教科成績

中学1年、2年、3年の国、数、英、社、理、音楽、保健体育、美術、技術家庭の9教科それぞれの5段階評価をすべてたしたもの。

 

たとえば、ある中学校の生徒さんが
オール5だった場合は… 学年3 × 教科9 × 評価5 = 135 点
満点で135点
オール3だった場合は… 学年3 × 教科9 × 評価3 = 81 点
となります。

 

A学力検査 : 1日目

国、数、英、社、理の5教科テスト。満点で500点※3教科の場合は300点

 

B学校独自検査 : 2日目

高校ごとに違う試験。面接、PRシート、実技検査、課題、作文、筆答検査、その他
なし、100点満点、200点満点、300点満点、500点満点の5種類。

 

公立高一般入試の合否を決める得点の出し方

上で説明した三つの材料
@内申点 + A入試1日目5教科合計得点 + B入試2日目学校独自検査得点
の合計で生徒さんひとりひとりの得点を出していくわけですが、単純にたすのではなく高校入試独自の算出方法があります。

 

得点の計算方法

その1 : @内申点+A学力検査を1,000点満点におきかえます。
その2 : 「その1」で出た点数に、高校ごとに違うB学校独自検査をプラスします。
こうして出した合計得点の高い人から合格者が決まっていくことになります。
たとえば、
B学校独自検査が100点で満点の高校の場合 :
1,000点 + 100点 = 1,100点 満点となります。
※3年間オール5、学力検査500点満点、面接100点満点の人
さらに、
Bの学校独自検査が100点で満点の各高校にも、
@+A1,000点満点中
@内申点とA学力検査の割合の違いで
3つのパターンがあります。
この3つのパターンを図式化したものが次のイメージ図になります。

 

Bの学校独自検査が100点の各高校の評価方法の違い

 

2日試験がある新潟県公立高校の合否の決め方3種類を示すための図

※転載をおひかえ頂き、ありがとうございます。

 

イメージ図の文字が細かくて見にくいかもしれませんので、架空の生徒さん「のび君」の受験物語で詳しく見ていきたいと思います。

 

【のび君受験物語】でみる高校入試結果の得点差

【のび君受験物語】

新潟県公立高入試を受けるのび君のイラスト

のび君は、新潟県の中学3年生。
新潟市内の公立高
(1)高校、(2)高校、(3)高校
すべて受験しました。
※イメージ図の(1)高校、(2)高校、(3)高校。実際は、同じ受験日ですので、3校受験はできません。

 

のび君の受験結果は、3校とも
@内申点:3年間 オール 3
A学力検査:全教科 50点
B独自検査:面接 50点/100点中
でした。
※もちろん、ありえません…

 

のび君の得点はそれぞれ次のようになります。

 

(1)高校の場合

@内申点 : 81点 × 2.22 ≒ 179 点 ※小数点以下切捨て
A学力検査 : 50点 × 5教科 × 1.4 = 350 点
ですので、@、Aの合計は 529 点 / 1000点 満点中
これに
B独自検査:50点/100点中 をたして
529 点 + 50 点 = 総得点 579 点 / 1100点満点中
となります。

 

(2)高校の場合

@内申点 : 81点 × 2.96 ≒ 239 点 ※小数点以下切捨て
A学力検査 : 50点 × 5教科 × 1.2 = 300 点
ですので、@、Aの合計は 539 点 / 1000点 満点中
これに
B独自検査:50点/100点中 をたして
539 点 + 50 点 = 総得点 589 点 / 1100点満点中
となります。

 

(3)高校の場合

@内申点: 81点 × 3.7 ≒ 299 点 ※小数点以下切捨て
A学力検査: 50点 × 5教科 × 1.0 = 250 点
ですので、@、Aの合計は 549 点 / 1000点 満点中
これに
B独自検査:50点/100点中 をたして
549 点 + 50 点 = 総得点 599 点 / 1100点満点中
となります。

 

のび君が受けた入試の結果は3校とも全く同じ成績という条件でしたが、
@内申点とA学力検査の比率が
(1)高校 3:7 → (2)高校 4:6 → (3)高校 5:5
に変わることで、総得点が
(1)高校 579 → (2)高校 589 → (3)高校 599
になったことがおわかりいただけると思います。

 

高校ごとの@内申点とA学力検査の比率の違い、B学校独自調査の点数の違い(なし〜500点満点)
の最新情報については、新潟県のホームページか、以下のリンクから移動すればご確認いただけます。

 

希望する高校の@内申点とA学力検査の比率の違いは、資料の表の中央部「一般選抜」の枠のなかの「調査書と学力検査の比重」の欄、
B学校独自調査の点数の違いは、資料の表「一般選抜」の枠の右側「学校独自調査」のなかの「配点」欄を
それぞれ確認してください。

 

「平成29 年度新潟県公立高等学校学校・学科ごとの募集人数と選抜方法等」
※こちらからダウンロードもできます。
 データ形式:PDF
 PDFデータを開くことができるPC環境が必要です。

 

いかがでしたでしょうか。
お子さんたちの入試制度は大きく変わってきています。中学2年生、中学1年生の生徒さんだけでなく、春から中学生になる小学6年生とその保護者の皆さんにも、この資料を将来をみすえた高校進学を考える一つの材料としてあらかじめ確認していただくことで、中学3年生の夏休みに慌てることなく、生徒さんにあった希望校を、自信をもって絞り込むことができるのではないでしょうか。

 

先生に進路の相談をしている男子中学生のイラスト

 

これからも、学校制度や成績のわかりにくいをわかりやすくお伝えしていきます。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。(^^)

 


関連ページ

子育て予算は高齢者予算の10分の1以下! | 日本の現実
国の子育て予算を高齢者予算と比較することで日本の教育問題の現状を指摘、小中学生向け個別指導塾スクールNOBINOBIの考えをまとめたコラム。先進諸国との比較も掲載しています。
塾選びで気をつけたいこと
お子さんの塾選びで保護者の皆様に気をつけて頂きたい点について、小中学生向け個別指導塾スクールNOBINOBIが考える注意点をまとめたコラム。良い塾の見分ける際のポイントも掲載しています。
心理学って何?改めて考える研究結果の信頼性 | 心理学
心理学の研究結果の信頼性について、小中学生向け個別指導塾スクールNOBINOBIが保護者向けに行った講演を元にまとめたコラム。共有させて頂いた元記事も掲載しています。
中学校の5段階評価
こちらでは、自ら「学ぶ」を支える新潟市の小中学生向け個別指導「学び塾」スクールNOBINOBIの教育全般に関するコラムのうち、中学校の5段階評価について、ご家庭、保護者の皆様、そして未来を担うお子様たちのお役にたてる情報の発信を心がけます。
中学校の評価と評定の関係 | 県内中学校の平成29年度生徒用資料から
こちらでは、自ら「学ぶ」を支える新潟市の小中学生向け個別指導「学び塾」スクールNOBINOBIの教育全般に関するコラムのうち、中学校の評価と評定の関係について、ご家庭、保護者の皆様、そして未来を担うお子様たちにわかりやすい情報の発信を心がけます。
中学5段階評定の出し方
こちらでは、自ら「学ぶ」を支える新潟市の小中学生向け個別指導「学び塾」スクールNOBINOBIの教育全般に関するコラムのうち、中学校の5段階評定について、ご家庭、保護者の皆様、そして未来を担うお子様たちのお役にたてる情報の発信を心がけます。
中学のある教科の年間成績出し方
こちらでは、自ら「学ぶ」を支える新潟市の小中学生向け個別指導「学び塾」スクールNOBINOBIの教育全般に関するコラムのうち、中学校のある教科の年間成績の出し方について、ご家庭、保護者の皆様、そして未来を担うお子様たちにわかりやすい情報の発信を心がけます。
中学の教科の学期成績出し方
こちらでは、自ら「学ぶ」を支える新潟市の小中学生向け個別指導「学び塾」スクールNOBINOBIの教育全般に関するコラムのうち、中学校の教科の学期成績の出し方について、ご家庭、保護者の皆様、そして未来を担うお子様たちにわかりやすい情報の発信を心がけます。
中学各教科学期成績出し方が変わる!
自ら「学ぶ」を支える新潟市の小中学生向け個別指導「学び塾」スクールNOBINOBIの教育に関するコラムのうち、平成29年度T期通知表から変わる中学校各教科の学期成績の出し方について、ご家庭、保護者の皆様、生徒さん達にわかりやすく解説します。
子どもの集中力、想像力、意欲を引き出す優れた知育教材とは?
近年の脳科学の研究結果から判明した、脳の発達に悪影響を与える行為の具体例をご紹介。子どもの脳の発達に良い影響を与え、集中力、想像力、意欲を引き出す優れた知育教材「折り紙」の効果と、効果を高める方法についてまとめています。