中学の教科の学期成績出し方 | 個別指導塾NOBINOBI

中学のある教科の学期成績が出るまで | 新潟県内中学校の資料から

どんなふうに決まる?中学校の各教科の学期ごとの成績

 

中学校の各教科の学期の成績って、どうやって決めてるの?

 

子どもの通知表の成績のつけ方、よくわからない…

 

中学校教科の学期成績の出し方に疑問を感じているママさんのイラスト

 

 

「わかりにくい…」をできるだけ「わかりやすく」
ご紹介したい気持ちだけは負けないこのコーナー。

 

中学校の教科の
学期ごとの成績が出るまでの流れを
理解したくて、
新潟市教育委員会が
公開している資料を
ネットで探しましたが、
探し方が悪いのか、
なかなか見つけることが
できず、悩んでいました。

 

そんなとき、
知り合いの方から
平成29年度の資料を
お借し頂けることに。

 

お借りした資料と
東京都教育委員会、
国立教育政策研究所
の公開資料をもとに
ミニコラム「中学の教科の年間成績が出るまで」
ご紹介した図中の一つ「学期」の
1教科の成績が出るまでの流れを
まとめてみました。

 

かなり長くなりますが
お付き合い頂ければ幸いです。

 

今回お借りした
新潟県内の中学校が
生徒さん向けに配布した
平成29年度用資料のうち、
全教科中一番わかりやすかった
「理科」の学期の成績の出し方をベースに
東京都教育委員会、
国立教育政策研究所の公開資料の記載を加えて
まず、
「観点別評価の方法」について表にまとめました。

 

表1)「観点別評価の方法」

中学校「理科」の学期観点別評価の方法に関する表

※転載をお控え頂き、ありがとうございます。

 

観点を評価するときの材料となるのが
「評価対象」で、
「観点@事象への関心・意欲・態度」の場合、
「ノート」、「ワーク」、「授業(態度)」の3つの対象(材料)で
評価されるわけです。

 

「評価対象」それぞれに「評価のめやす」があって、
この「めやす」を
「評価対象」ごとの持ち点である
「素点」の範囲内で
点数化していきます。

 

「評価対象」ごとの「素点」から、
A°(Aまる)からDまでの「評価」を導き出します。

 

ちなみに、
各観点の評価対象の素点合計は40点ずつ。
観点は4つありますので、素点の総合計は

 

40×4=160点

 

になるわけです。

 

この学校の理科の評価のもととなる「素点」は
比較的わかりやすい考え方だったので、
「評価対象」を「素点」をもとに色分けしてみました。

 

評価対象の「定期テスト」    → レッド
評価対象の「授業」       → パープル
評価対象の「レポート」     → グリーン
評価対象の「ノート」、「ワーク」→ ブラック
評価対象の「単元テスト」    → グレー

 

次に、
「観点別評価から評定を導き出す方法」について表にまとめました。
こちらの表も、表1と同様に
評価対象を色分けしてあります。

 

表2)「観点別評価から評定を導き出す方法」

中学校「理科」の学期観点別評価から学期の評定を出す方法に関する表

※転載をお控え頂き、ありがとうございます。

 

表1)では「評価対象」ごとの「素点」が
導き出されましたので、
今度は学期の成績を出すため
「素点」の得点を
観点ごとに合計し、
A°(Aまる)からCまでの
「観点別評価」を導き出します。

 

こうして導き出された
A°(Aまる)からCまでの
「観点別評価」を
5点〜1点に換算(点数化)します。

 

たまたまこの中学校の理科の
観点の重み=割合(表2の中のピンク文字の欄)は
4つとも同じでしたので、単純に
換算した点数を合計し、

 

5×4=20点

 

を最高点として、最終的に

 

この学期の成績=この学期の5段階の評定

 

を導き出していくのです。

 

さて、
これらの表を見るうえでご注意頂きたい点がいくつかあります。

 

注意点1
ミニコラム「中学の教科の年間成績が出るまで」
ご紹介した「単元ごとの観点別評価を積み重ねる」という考え方が、ここでは省略されています。

 

注意点2
公開資料でも明記されている通り、評価評定は
学校で定めた○○科における学期末の「観点ごとの評価の総括方法」に基づいた吟味・検討」がなされるので、
これらの表でご説明してきたのは
あくまでこの中学校の理科の評価評定に限った成績のつけ方
だということです。
表中に付けた※印部分は、
国立教育政策研究所、東京都教育委員会の資料では、
観点Aが「科学的な思考・表現」、
観点Bが「観察・実験の技能」となっていますので、
この箇所はこの中学校(理科)独自の観点となっていると思われます。

 

注意点3
観点には「重み=割合」があるということです。
観点@〜Cの重みの合計を100%としたとき、
この中学校の理科は、たまたま、どの観点も同じ重み
(25%ずつ)でしたが、
同じ学校の国語は
観点@:10%
観点A:10%
観点B:20%
観点C:40%
観点D:20%

 

数学は
観点@:20%
観点A:25%
観点B:30%
観点C:25%

 

と、教科によって観点ごとに違う重みになっています。

 

前述の注意点をふまえた上で
もう一度、この表を見返してみると、
簡略化されてはいるものの、

 

この学校の理科は、
日ごろの学習活動のうち
何を重視して評価評定を
導きだしているか

 

もある程度見えてきます。

 

表で色分けした「評価対象」を
観点の枠を取り払って
「素点」合計の高い順にならべてみると…

 

パープル「授業」       :54点/160点(33.75%)
レッド「定期テスト」     :52点/160点(32.5%)
グリーン「レポート」     :30点/160点(18.75%)
ブラック「ノート」、「ワーク」:20点/160点(12.5%)
グレー「単元テスト」     : 4点/160点(2.5%)

 

となり、
「授業」と「定期テスト」が
評価評定のもととして
全体の2/3を占めていることがわかります。

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回、お借りした資料を読んでみて感じたのは

 

「生徒さん用資料のわりに、わかりにくい」

 

ということです。

 

最も丁寧で解りやすかったこの「理科」でも、
生徒さん達が資料だけで理解するのは
かなりハードルが高いと感じました。
そこで、
公開資料から推測して、
こちらで追記をさせて頂いた次第です。

 

注意して追記したつもりですが、
細かい部分は誤りがあるかもしれませんので、
あくまで参考資料とお考えください。

 

当コラムを書く際の参考にさせて頂いたのは
以下の資料です。
「適正で信頼される評価の推進に向けて U実践編 平成24年3月 東京都教育庁指導部義務教育特別支援教育指導課」
※こちらからダウンロードもできます。
 データ形式:PDF
 PDFデータを開くことができる環境が必要です。

 

今回は
新潟県内中学校の
生徒さん向け平成29年度用資料に
東京都教育委員会、
国立教育政策研究所の公開資料の記載を加えて
この中学校「理科」の学期の成績の出し方を
2つの表を用いて
わかりやすく説明しようと心がけました。

 

資料を快くお貸し頂いた方に
この場をお借りして
心から感謝するとともに、
お読み頂いた皆さんの
日ごろの疑問点の解消に
少しでもお役にたてるところがありましたら
幸いです。

 

長文を最後までお読み頂き、
ありがとうございました。(^^)

 

NOBINOBIにお問い合わせしたい方用のページへご案内する内部リンクのボタン

関連ページ

子育て予算は高齢者予算の10分の1以下! | 日本の現実
国の子育て予算を高齢者予算と比較することで日本の教育問題の現状を指摘、小中学生向け個別指導塾スクールNOBINOBIの考えをまとめたコラム。先進諸国との比較も掲載しています。
塾選びで気をつけたいこと
お子さんの塾選びで保護者の皆様に気をつけて頂きたい点について、小中学生向け個別指導塾スクールNOBINOBIが考える注意点をまとめたコラム。良い塾の見分ける際のポイントも掲載しています。
心理学って何?改めて考える研究結果の信頼性 | 心理学
心理学の研究結果の信頼性について、小中学生向け個別指導塾スクールNOBINOBIが保護者向けに行った講演を元にまとめたコラム。共有させて頂いた元記事も掲載しています。
新潟県公立高の入試制度と内申点
中学の内申点は高校入試でどの程度影響するのか?新潟県公立高校の一般入試の仕組みを、小中学生向け個別指導塾スクールNOBINOBIが用意した図表と架空の受験物語で再確認したコラム。新潟県の資料も添付掲載しています。
中学校の5段階評価
こちらでは、自ら「学ぶ」を支える新潟市の小中学生向け個別指導「学び塾」スクールNOBINOBIの教育全般に関するコラムのうち、中学校の5段階評価について、ご家庭、保護者の皆様、そして未来を担うお子様たちのお役にたてる情報の発信を心がけます。
中学校の評価と評定の関係 | 県内中学校の平成29年度生徒用資料から
こちらでは、自ら「学ぶ」を支える新潟市の小中学生向け個別指導「学び塾」スクールNOBINOBIの教育全般に関するコラムのうち、中学校の評価と評定の関係について、ご家庭、保護者の皆様、そして未来を担うお子様たちにわかりやすい情報の発信を心がけます。
中学5段階評定の出し方
こちらでは、自ら「学ぶ」を支える新潟市の小中学生向け個別指導「学び塾」スクールNOBINOBIの教育全般に関するコラムのうち、中学校の5段階評定について、ご家庭、保護者の皆様、そして未来を担うお子様たちのお役にたてる情報の発信を心がけます。
中学のある教科の年間成績出し方
こちらでは、自ら「学ぶ」を支える新潟市の小中学生向け個別指導「学び塾」スクールNOBINOBIの教育全般に関するコラムのうち、中学校のある教科の年間成績の出し方について、ご家庭、保護者の皆様、そして未来を担うお子様たちにわかりやすい情報の発信を心がけます。
中学各教科学期成績出し方が変わる!
自ら「学ぶ」を支える新潟市の小中学生向け個別指導「学び塾」スクールNOBINOBIの教育に関するコラムのうち、平成29年度T期通知表から変わる中学校各教科の学期成績の出し方について、ご家庭、保護者の皆様、生徒さん達にわかりやすく解説します。
子どもの集中力、想像力、意欲を引き出す優れた知育教材とは?
近年の脳科学の研究結果から判明した、脳の発達に悪影響を与える行為の具体例をご紹介。子どもの脳の発達に良い影響を与え、集中力、想像力、意欲を引き出す優れた知育教材「折り紙」の効果と、効果を高める方法についてまとめています。