小学生中学生の安心安全をイメージした画像

個別指導塾が小学生中学生の安心安全のためにできること

地域にとって、お子さんたちの安心安全は、大きな関心事の一つではないでしょうか。 筆者のような地方の小さな個別指導塾でも、地域の小中学生の皆さんのためにできることはいくらでもあると思っています。 今回は、個別指導塾として取り組んだ社会活動と、活動を通して感じたことをお伝えしていきたいと思います。

 
のびさん
最後までお付き合い頂ければ幸いです。
AD

塾としてのボランティア活動で、気づいた課題

小学生中学生の安心安全をイメージした画像 個別指導塾NOBINOBIの講師は、塾の理念としてお世話になっている地域への貢献活動やボランティア活動に積極的に取り組んでいます。 毎朝の通学路見守りボランティア活動もその一つ。 活動時に、以前から気になっていたことがあるんです。 近隣の小学生や中学生の多くが利用している教室のすぐそばの通学路は、軽自動車がすれ違える程度の幅の道路。 朝の通学時間帯は、車両進入禁止になる道です。 それにもかかわらず、平然と通行していく車は1台や2台ではありません。 友達と並んで話しながら通学する子どもたちも多く、車が背後に迫っている状況に慌てて大声で注意することもありました。 そもそも、車両進入禁止時間帯に平然と通学路に車を乗り入れるドライバーが一番の問題で、子どもたちへの注意喚起はその次なはずです。 ボランティアの一員として、学校側に通学路の状況把握を2回申し入れましたが、返答は未だに1度もありません。 学校対応には期待はしていませんが、 地域の個別指導塾として何か対処できないものか… と、通学路をチェックしていてあることに気づいたんです。 それは、交差点のスクールゾーンスタート地点に設置されている車両進入禁止の告知看板。 マークの塗装が劣化して、ところどころ色が剥げ薄くなってしまっている状態なんです。 教室近くの色が落ちた車両進入禁止の看板 これでは、わかってやっている常習犯は除いて、告知看板としての役割を果たせていないのでは? 「見落としてしまいました。」 と言われても仕方ないレベル。 せめて、車両進入禁止マークだけでも、もっとドライバーからはっきり見えるようにできないものか? ホームセンターに用事で出かけた時に、塗料コーナーに立ち寄って屋外用の塗料やスプレー缶をチェックするんですが、けっこう良いお値段がします。 「自ら考える」 を個別指導のモットーにしている筆者。ここで諦めていては、塾生さん達に顔向けできません。 看板は、鋼板にペンキでマークが描かれているタイプ。 これなら、マグネットシートが貼りつけられる。 そこで今度は、100均に出かけた時に、マグネットシートがないかチェックするようになりました。 白や黄色は、多くの店で取り揃えられていましたが、赤いシートはなかなか見つかりません。 3ヶ月ほど経ったある日、買い物で100均に出かけた際、ふと文具コーナーの棚に目をやると、あったんです! A4サイズの赤いマグネットシートが。 4枚しか在庫がなく、全部購入しました。

スクールゾーンの安全対策強化の取り組み

購入はできたものの、すぐに作業しませんでした。 というのも、 冬の新潟市は強風が吹き荒れる日も多く、せっかく設置しても吹き飛ばされてしまう可能性があります。 購入した製品は、良い商品かどうかはわからず短期間で劣化してしまうかもしれません。 また、イタズラで剥がされてしまうことだって無いとはいえません。 一方、子どもたちが交通事故に一番気を付けなければならない時期は、4月~6月。 (政府広報オンライン「暮らしに役立つ情報」)。 それならば、新学期の直前、子どもたちがお休みの間に設置しよう、と考えました。 あっという間に時間は過ぎて、新学期直前。いよいよ、制作と設置にチャレンジです。

車両進入禁止マークを新しく!

まずは、車両進入禁止マークのサイズ確認から。マークの直径は、427㎜でした。 次に、同じサイズの型紙を作ります。 教室のカレンダーの、過ぎて剥がした月の紙を2枚用意。テープでくっつけます。 大きなコンパスはないので、ピンと紐、鉛筆を使って先ほどの紙に円を描きます。 円を描いたカレンダーの裏紙 ハサミで丁寧に円に沿って切り抜き、真ん中の白線を書き込みます。 切り抜いて白線を書き込んだ型紙 赤のマグネットシートを裏返して、型紙からはみ出すようにテープで固定。 型をマグネットシートに写して型紙を取り外し、写したラインに沿ってハサミでカットすると… 切り抜いたマグネット こんな感じになりました。 最後に、白のマグネットシートで白線の部分を切り出します。これで、ようやく完成、表に返すと… 完成した車両進入禁止マグネットシート こんな感じ。 真ん中の白い部分もマグネットで作成、全部で8つのパーツになっています。

新しい車両進入禁止マークの設置

いよいよ看板への貼りつけです。まず、半分だけ貼ってみました。 看板に半分だけ貼ったマグネットシート 違いがおわかり頂けますでしょうか? そして、パーツをすべて貼り込んで… マグネットシートを貼った看板 完成です! 車両進入禁止マークがはっきり目立つようになったと思うんですが、如何でしょう? これなら、間違って入ってきたドライバーさんたちにも気づいてもらえるような気がします。 自己満足かもしれませんが… ネットで調べてみたところ、塩ビシート製の直径285㎜の進入禁止マークのお値段は、1,500円以上。 一方、こちらは直径427㎜で550円、約1/3の費用で大きなサイズのマークを作ることができました。

個別指導塾が子どもたちの安心安全のためにできること まとめ

1年生が小学校に通い始める4月。痛ましい事故が毎年全国各地で発生しています。 これからも地方都市の小さな個別指導塾として、少しでも地域の子どもたちの安心安全のためにできることを考え、積極的に取り組んでいきたいと思います。 誰一人事故にあわず、毎日笑顔で通学できるように、と願いを込めて…

 
のびさん
最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

スクールの特徴紹介につきましては、下記ページをご参照ください。
お問い合わせにつきましては、下記ページをご参照ください。
 
AD
小学生中学生の安心安全をイメージした画像
最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

新潟市で小中学生の自律学習を支えるマンツーマン個別指導塾

CTR IMG
コピーはできません。