FAQ | よくあるご質問

 

しーママ
いろいろ気になる点があるので、質問させてください。
 
のびさん
解りやすくお答えします。
目次

よくあるご質問

全体的なご質問

Q:「学習支援」とはどういう意味ですか?

A:NBINOBIでは、「学習」とは、「主体的な学び」のことであると考えております。
「知識の注入」ではなく、生徒さんの「主体的な学び」を支える、支援する、サポートすることが講師の役割であると考えています。

Q:なぜ「授業をしない」んですか?

A:「学校のような授業」「一斉指導の注入型」ではなく、主に1対1(マンツーマン)で生徒さんの「わからない」「できない」単元や問題を一緒に考えて解決しております。
ヒントを出し、解説しながら「わかる」「できる」に導く学習支援(学習サポート)スタイルです。
一人一人の疑問点の解消に丁寧に取り組むことが実力アップのカギ。
「わかった!」「できる!」を「のびる」につなげます。

Q:なぜ各自「教材持参」なんですか?

A:誰もが「必ず成績が上がる夢の教材」はありませんので、高額な塾独自教材は用意しなくて良い、という考えからです。
 まずは生徒さんが今使っている教科書、ドリル、ワークなどの学校教材やご家庭購入教材をフル活用して頂きます。
 一人一人のレベルに合う参考書や問題集などの補助教材も、こちらから提案しアドバイスさせて頂きます。
 教材の追加購入は、生徒さんとご家庭の判断にお任せしています。

Q:なぜ毎週通塾しなければならないのですか?

A:生徒さんご本人の「学習」を習慣化することで、継続の大切さと継続力を身につけて頂きたいからです。
 スポーツにしろ勉強にしろ、実力アップには継続が不可欠。継続力の柱は、習慣化であると考えております。
 「自分の頭で考え」「自ら学び」「続ける」お子様の努力と過程を認め、支えます。
 体調不良ややむを得ないご事情の場合は、振替で対応させて頂いております。

Q:週1回でも対応可能ですか?

A:小学校4年生から、週1回からの対応をさせて頂いております。
「家庭学習も支える」の考えから、当塾独自のツールを活用し、自習スペースの利用も積極的に提案し、生徒さんの「学習習慣確立」を支えます。
 通塾回数を増やしても実力アップにつながらない場合は、元の回数に戻す提案もさせて頂いております。

Q:家庭教師(自宅指導)はお願いできますか?

A:お引き受けできるケースもございます。
 通常サポートとは費用が変わって参りますので、お問い合わせ時にご相談頂ければ幸いです。

Q:サイトに掲載されている費用の他に、かかる費用はありますか?

A:掲載されている費用のみです。
 入塾時に中途解約損料をお預かりしております(預り金)が、ご契約満了後、速やかにご返金させて頂いております。
 授業料以外の、一般的な塾でかかる入塾(入会)金、年会費、事務手数料、教材費、管理費、更新料、プリント代などの費用はございません。

授業内容へのご質問

Q:授業のカリキュラムはどうなっていますか?

A:生徒さんご本人、ご家族のご相談を受けた上で、一人一人専用のカリキュラムを作成しています。
 月初に前月の学習状況をふりかえり、生徒さんの進捗状況をふまえて、今月のカリキュラムをご本人と相談の上で決定しています。

Q:指導教科は何ですか?

A:国語、社会、数学(算数)、理科、英語の5教科が基本です。
 小論文、受験面接対策など、ご相談を頂ければ、音楽を除くそのほかの学びにも、できる限り対応させて頂いております。

Q:時間割はどうなっていますか?

A:ボタンのページ「SUMMARY(概要)」で、ご確認頂けます。

Q:授業は予習型、復習型のどちらですか?

A:解らない個所、できない個所を中心に、基礎固めのための復習から学習支援をスタートします
 本人の進捗状況、メンタル面を見極め、相談の上で予習に切り替えます。
 トライ&エラーを繰り返すことで、本人に合う学習法の早期発見と習慣化に取り組んでいます。
 予習の学習支援では、未習単元の要点の解説(講義、授業)を行います。

Q:前学年の内容は指導してもらえますか?

A:はい、学習済み単元のサポートも積極的に取り組んでおります。
「学習の穴」を見つけ出し、基礎を固めて学習中の内容を理解できるよう、小学校低学年の内容までさかのぼって復習することもございます。

Q:塾の宿題はありますか?

A:塾からの宿題は、原則ありません。時限内に学校の宿題のサポートを行うこともございます。
 生徒さん本人の希望、ご家庭のご要望を受ける形で、宿題をお渡しする場合もございます。

Q:理解度テスト・確認テストはありますか?

A:生徒さんの状況を確認した上で、理解度テスト・確認テストを提案します。
 希望があれば、問題と解答のセットをご用意し、配布しています。
 必要だと判断した場合は、時限内にもテストを実施し、答え合わせと解説も行います。

Q:学校のテスト対策はしてもらえますか?

A:テスト前対策も実施しています。
 単に問題を解いてもらうだけでなく、解らない、間違う箇所の丁寧な解説と、同内容の類似問題の提案も行っています。

Q:受験対策はしていますか?

A:希望校選びの段階から入試後のフォローまで、生徒さん一人一人に合わせた中高一貫校、高校の受験対策を行っています。
 生徒さん自身の将来をともに考え、キャリア教育も含めた進路支援で、生徒さんとご家庭を支える取り組みを行っています。

Q:どんな教材を使うのですか?

A:持参して頂いた、生徒さんが普段使っている教科書、ドリル、ワーク、参考書、問題集などのご家庭購入教材を使って学習支援を行います。
 講師が支援の際に活用する、市販の参考書、問題集、補助教材は教室に用意しております。
 生徒さんに合う教材の提案は、お一人お一人の学習状況を見極めた上で準拠、非準拠にこだわらず取り組んでおります。

その他の講習、模試、検定へのご質問

Q:追加講習とは何ですか?

A:生徒さん、ご家庭のご要望に合わせ、テスト前、長期休暇中、入試直前などに実施する追加の学習支援を指します。
 1時限(コマ)ごとに通常のご利用料と同額を頂きます。
 専用用紙でお申込み頂き、実施日と時限の調整をお願いしております。

Q:特別講習とは何ですか?

A:テスト前、長期休暇中、入試直前などに教室側からご提案している講座を指します。
 通常の学習支援にない独自の内容になる場合は、講義形式の講座となり、複数名同時受講の場合もあります。
 1時限(コマ)ごとに通常と同額のご利用料が発生いたします。
 専用用紙でお申込み頂き、実施日と時限の調整をお願いしております。

Q:塾外生ですが、特別講習だけの参加はできますか?

A:塾外生の講習受講につきましては、別途、個別にご相談をお受けしております。

Q:塾生になると、各種講習は強制参加になりますか?

A:通常の学習支援以外で、強制参加の追加講習、特別講習はございません。

Q:模試はありますか?

A:中学生の皆さんには、新潟県統一模試会の模試の情報提供とご案内をしております。
 実際の試験に近い形での受験が本番強さにつながるとの観点から、お申込みから受験、結果受取まで一貫して受験希望者ご本人に手続きをお願いしております。
 希望者には、教室独自の模試も提案させて頂いております。

Q:学力不足の段階なら、模試は受けなくてもいいですか?

A:新潟県統一模試会は、県内唯一の高校受験公開模試です。
 県内の高校に進学を希望される場合は、今自分はどのくらいの位置にいるのかをはかる目安のテストになりますので、学年、学力に関係なく、受験をお勧めしております。
受験料は、ご家庭の追加負担になりますので、受ける受けないのご判断は、ご本人とご家庭の判断にお任せしております。

Q:英検・漢検・数検は受けられますか?
A:希望する生徒さんには、英検・漢検・数検の情報提供を実施しております。
 受験は、個人でのお申込みと受験料のお支払い、公開会場(本会場)での受験となります。
 ※英検、漢検の会場は、1週間ほど前に送付される受験票に記載されています(新潟市の会場は、市内)。
 ※2019年10月27日(日)実施の数検の会場は、新潟テルサです。

講師に関するご質問

Q:常勤講師、非常勤講師は何が違うんですか?

A:常勤講師は、教室で毎日学習支援を担当させて頂いている講師のことです。
  非常勤講師は、教室で時限毎に学習支援を担当させて頂いている講師のことです。
  ともに、他塾を併任しない者で構成しております。  

Q:その他の講師はいますか?

A:常勤、非常勤の講師のほかに、外部講師も在籍しています。
  教室の理念に共感してくださる、教育関係学部卒または在学で、当スクール専任でご担当頂ける方のみ、在籍を許可しております。

Q:講師は社会人ですか?

A:常勤、非常勤とも講師は社会人で、ともに公立学校教員経験者です。
 外部講師は、前述の条件を満たした場合に限り、大学院生、大学生を受け入れることもございます。

Q:講師を選ぶことはできますか?

A:はい。生徒さんと講師のマッチングは、成績アップにつながる重要な要素の一つと考えております。
 ご本人とご家庭の希望を伺った上で、担当講師を決定しております。

Q:講師の変更はできますか?

A:はい。変更による効果を見定め、ご本人、ご家庭と相談させて頂いた上で、担当講師の変更にも対応させて頂きます。

Q:授業を行うたびに講師は変わりますか?

A:変更のご希望が無い限り、同じ担当講師が継続して生徒さんの学習を支えます。

授業料・教材費・その他費用へのご質問

Q:無料キャンペーンはありますか?

A:ございます。
 詳細はメール、お電話、無料相談の際に「実施中のキャンペーンはありますか?」とお気軽にお問い合わせください。

Q:授業料はいくらですか?

A:1週間の受講数×1時限(コマ)税込み単価×月の週数
 で1ヶ月のご利用料(お月謝)が計算できます。
 詳しくは、メール、お電話、無料相談の際に「月謝の説明が聞きたい」とお気軽にお問い合わせください。

ご利用料の一例は、ボタンのページ「SUMMARY(概要)」で、ご確認頂けます。

Q:教科単位で、補助教材の追加購入は必要ですか?

A:不要な場合、必要な場合、両方のケースがございます。
 必要な場合でも、教室としてご提案はさせて頂きますが、追加購入のご判断はご本人とご家庭にお任せしております。

Q:授業料以外の費用はどれくらいかかりますか?

A:掲載されている費用のみです。
 授業料以外の、一般的な塾でかかる入塾(入会)金、年会費、事務手数料、教材費、管理費、更新料、プリント代などの費用はございません。
 ご入塾時に中途解約損料を、初月お月謝とは別にお預かりしております。
 ご契約満了後、速やかにご返金させて頂いております。

ご入塾、ご退塾に関するご質問

Q:入塾テストはありますか?

A:ございません。
 かわりに、ご入塾の有無にかかわらず、無料相談(約1時間)、無料体験学習(1コマ50分)を受けて頂いております。

Q:無料体験授業は何回受けられますか?

A:キャンペーンを除き、1時限50分を1回とさせて頂いております。

Q:教室見学はできますか?

A:随時受け付けております。お気軽にお問い合わせの上、ご予約ください。

Q:勧誘はされますか?

A:ご入塾前の勧誘、後追い営業は一切しておりませんので、お気軽にお問い合わせください。

Q:年度の途中でも入塾できますか?

A:はい、可能です。
 すでに満席の時限もある可能性がございます。
 支援日、支援時間は、ご希望を伺ってから調整の上で決めさせて頂きます。

Q:週何回が多いですか?

A:約9割の生徒さんが、週2回または週3回を選んでおります。

Q:今月末で塾を辞めることはできますか?

A:その月の20日までに退塾のご意思を専用用紙にてお伝え頂ければ、月末のご退塾となります。
 21日以降、翌月20日までにお申し出頂いた場合は、翌月末のご退塾となります。

 

 
のびさん
この他、ご不明な点がございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

マンツーマンで小中学生の自律学習を支える、新潟市の個別指導塾

CTR IMG