読解力を鍛える方法のイメージ画像

【実績あり】読解力を鍛える、たった3ヶ月で実力アップ!の「1面コラム活用法」

新聞1面コラムを活用しているイメージ画像

 

のんままさんはてな
のんママさん
読解力って大切よね…家でも試してるけど、もっと効果的な方法ってないかな?
がっかりのび君
のびくん
学校の先生に読解力が足りないって言われた…どうしたら鍛えられるかな?
のび校長イラスト左口
のびさん
安心してください!読解力を効果的に鍛える方法、あります!
のびくんはてな
のびくん
だれ?

こちらの記事を書かせて頂いたのは、

のび校長イラスト大左向き
のびのび
●小中学生対象完全個別指導塾の校長(経営者兼専任講師)
●開校5年半で、新潟県内トップ私立高校合格者を輩出。
●年評定平均:中学時代3.7→高校進学後4.9、4.8の塾生を輩出。
●サポートした不登校卒塾生、大学進学。
●当ブログ、にほんブログ村カテゴリー「中学受験(個人塾)」
で、2020年6月7月ランキング1位を獲得。
●元公立高校教員
●現役カウンセラー
の通称「のびさん」、自身も中学受験経験者、中高一貫校卒です。
  • 記事の内容は、
●読解力を鍛える方法は「新聞1面コラムを読む」「要点を書きだす」「自分の意見を書く」
●読解力を鍛える方法にとりくむとき、注意したい5つのポイント
●この方法をススメるのは「続けやすく」「効果が高い」から
●トレーニングの結果、学校で「読解力高すぎ!」と言われた塾生さんの事例
●まとめ
となっています。
小学校5年生から中学生の児童生徒さん向けに、自分ですぐに取り組める簡単な方法をご紹介。
結果がでた事例から、誰でも3ヶ月で効果が期待できる読解力トレーニングについて解説します。
のび校長イラスト左口
のびさん
大事なところだけ、わかりやすくお話しします。

 

AD

読解力を鍛えるなら「新聞1面コラム」を活用しよう!

「天声人語」のサンプル画像「朝刊1面のコラム「天声人語」は、朝日新聞が1879年に大阪で産声を上げた25年後に登場しました。(中略)どの時代にあっても「いま」と向き合い、様々なメッセージを送り続けてきた名物コラムです。」
引用元:朝日新聞ひろば-まるごとガイドトップ-天声人語とは

新聞1面コラム」は、毎日いろいろな話題をとりあげるミニ記事です。

新聞社ごとにちがいますが、場所は、だいたい表面一番下、広告枠の上あたり。

引用させていただいた朝日新聞は「天声人語」、読売新聞は「編集手帳」、日本経済新聞は「春秋」、毎日新聞は「余録」、産経新聞は「産経抄」、東京新聞は「筆洗」、新潟日報は「日報抄」…タイトルも新聞社でちがいます。

新聞1面コラムをつかうと読解力が格段にアップ

というのが今回の内容。

のびくんはてな
のびくん
新聞とってないよ…
のび校長イラスト左口
のびさん
とってなくても大丈夫です!

読解力を鍛える その1)新聞1面コラムを読む

新聞社の考えや意見を伝える「社説」よりも、身近なテーマを取り上げることが多い「新聞1面コラム」

ミニ記事というだけあって、文字数が少ないのが特徴。

前述の朝日新聞「天声人語」では603文字、朝日小学生新聞の「天声こども語」は374文字。

高校入試や大学入試の国語や小論文の問題でも毎年のように取り上げられていて、「新聞の顔」と言う人もいるコラムです。

例えば、1分で400文字読める人なら約1分半で読みおわるボリューム。

 

新聞がない人にはネット新聞です。

中でも毎日新聞社さんは、1面コラム「余録」を

毎日新聞1面コラム「余禄」画像

引用元:毎日新聞社-デジタル毎日-1面の看板コラム「余録」

なんと、無料で読ませてくれるのです!(ちなみに、2020年8月31日の記事は、本文610文字です)。

 

読むときは、

①一文ずつ「主語」、「述語」、「指示語」、「接続語」、「段落」に注目しながら、ゆっくり読む。
②何度も出てくるキーワードと、キーワードと同じ意味の類語を探しながら、読む。
③段落ごとに、書いている人が読む人に何を伝えようとしているのか、考えながら読む。

ようにします。

慣れるまでは「ゆっくり読む」のがポイント

流し読みでは、頭にしっかり内容が入りませんし、大事なところを読みとばしてしまうこともあります。

わからない言葉が出てきたら調べる、

繰り返して読んでみる、

を心がけると、さらに内容が良くわかるようになります。

のびくんはてな
のびくん
段落ないじゃん!
のび校長イラスト左口
のびさん
「▼」や「▲」が段落のしるしなんです。

読解力を鍛える その2)コラムの要点を書きだす

次に、読んだコラムの内容を短くまとめて書きだしてみましょう。

この作業は「要約」と呼ばれます。

のびくんはてな
のびくん
要約?難しそう…
のび校長イラスト左口
のびさん
要約にも方法があって、なれると楽にできますよ!
要約は、
段落と句読点で分けられる一文ごとに、ばらばらにしてみる(分解)。
②重要でない文は、取りのぞく(整理)。
③残った大事な文をつなげて、まとめる(再構成)。
3つのステップですすめるとスムーズにまとめられます
しっかり読めていれば、簡単に書きだすことができるようになります。
上手くまとめようとするよりも、まずは書いてみてください。
最初は慣れないかもしれませんが、続けることで必ず要約力がアップします。

ポイントは2つ、

①読む時に意識してもらった「キーワード」や「類語」が、伝えたいことの中心になる。
②重要な文章まで取りのぞいてしまわないようにする。

ことです。

新聞が家にある場合は、コラムを切り抜いてノートにはり、その下に要約を書き込むのもおススメです。

読解力を鍛える その3)自分の意見を書く

ここまでできたら、自分の意見も書いてみましょう。

書くときは「この記事に賛成!、反対!」とか「私はこういう意見だ!」で終わりにしないで、

なぜそういう意見なのか(理由)
そういう意見になった裏づけは何か(根拠)
も、あわせて書くようにしてください。
理由と根拠まで書くことで、より深く考えるようになりますし、説得力も全く変わってきます。

 

読解力を鍛える方法 注意点

新聞1面コラム活用法の注意点のイメージ画像

この「読解力を鍛える方法」には、注意点が5つあります。

①読んでほとんど理解できないなら、語彙力アップが先!
②週2回、3ヶ月は続ける
③誰かに見てもらえると、GOOD!
④慣れてきたら、要約は短く
⑤流し読みなら、やるだけ無駄

読んでほとんど理解できないなら、語彙力アップが先!

がっかりのび君
のびくん
読んでもチンプンカンプン…
なら「ことばを知っていて使いこなす力」=「語い力(語彙力)」を先に鍛える必要があります。
まずは1面コラムを正確に書きだす「書き写し」から始めてみてください。
専用の書き写しノートもあります。
※画像クリックでAmazon商品ページへ移動できます。
過去のコラムを読んで練習!でしたら、
※画像クリックでAmazon商品ページへ移動できます。
他の新聞社用は?でしたら、
※画像クリックでAmazon商品ページへ移動できます。
※画像クリックでAmazon商品ページへ移動できます。
※画像クリックでAmazon商品ページへ移動できます。
ここまではちょっと…なら、
普通のノートで十分です。
単に語句や漢字を知るだけでなく、言い回し、句読点の使い方、文章の構成など「書き写す」ことで、日本語の基礎の多くを学ぶことができるのです。

②週2回、3ヶ月はつづける

溜息のび君
のびくん
学校の宿題、課題にプラス…きついよ!

それなら、できるだけ負担が少なく、イヤにならないようにしたいもの。

毎日で1年継続とは言いません、最低週2回、3ヶ月続けてみてください。

短い文ですので、読むことだけは毎日続けるのも効果大です。

③誰かに見てもらえるとGOOD!

のびくんはてな
のびくん
自分でやってるだけだとレベルアップしてるか、わからないよ…

お家の方にノートを見てもらってコラムの話題について話し合ったり、書いた人が伝えたいことがしっかりまとめられているか見てもらえると、さらに効果的!

お家の方が忙しい場合は、学校や塾で見てもらうのも良い方法です。

自学で取り組んでもいいなら、ぜひ活用してみてください。

中学なら、国語科の教員に相談してみてはいかがでしょう。

自学に悩まなくてすむ、読解力も鍛えられる、まさに一石二鳥です!

④慣れてきたら要約は短く

のびくんはてな
のびくん
要約って、どれくらいにまとめたらいいの?

はじめは本文の半分程度をめやすに要約してみましょう。

慣れてきたら、100文字前後を目標に、少しずつ短く要約できるよう挑戦してみてください。

「要約」は、このトレーニングで最も大切なポイント

皆さんが、社会に出て働くようになっても必要なスキル。

ネットの情報、人の言った事、会議の内容、資料の中身、契約書、トリセツ…読んで全部まる暗記なんて、不可能ですよね。

でも、ポイントがわかっていなかったり、ズレていたり、間違って理解していたら、大変なことになってしまう場合もあります。

大事な部分をまとめて、短く「要約」する力は、生きていく上で想像以上に役立つスキルなのです。

⑤流し読みなら、やるだけ無駄

のびくんははん
のびくん
ザっと読んで、だいたいわかってればいいでしょ!

ネットを利用していると、スクロールに慣れてしまっていて、流し読みがクセになっている人も…

ネット・ニュースの中には、記事を3行程度にまとめてトップに表示している会社もあります。

残念ながら「流し読み」や「まとめ」だけでは、書いた人が伝えたいことの大事なところが抜け落ちてしまします。

当然、「要約」や「自分の意見」も中途半端なものに。

単に「読む」「書き写す」だけでなく、

①意識して読む=インプットする。
②しっかり書く=アウトプットする。

両方とも心がけることで、まるで「ルフィの手足」のように読解力をグングン伸ばせるのです。

読解力を鍛えるのに「1面コラム」が効果的な理由

1面コラム活用法が効果的な理由のイメージ画像

1面コラムは「新聞の顔」と言われ、短文でも質の高い記事が多いことで知られています。

新聞社の中でも、ベテラン記者が担当することの多いコーナー。

※画像クリックでAmazon商品ページへ移動できます。

大学入試、高校入試の国語の問題文や小論文だけでなく、面接や課題レポートにも使われます。

テストする側にとって「新聞1面コラム」は、読解力を試す絶好の材料なのです。

 

400字詰め原稿用紙で1枚半ほど、読むこと自体がニガテな人も取り組みやすいボリューム、続けやすいのもメリットです。

 

「読解力」は、AI時代になっても「学力の基礎となる力」で「社会にでても必要な力」の一つ

中でも

①情報を探し出す力
②情報を評価し、熟考する力
③自分の考えを根拠を示し、相手に伝わるように書く力

の3つの力は、これからの社会を生きぬいていく上で欠かすことのできない力と言われています。

 

ここでご紹介した「読解力を鍛える新聞活用法」は、

①情報を探し出す力→「段落ごとに内容をつかみながら読む」
②情報を評価し、熟考する力→「書き手が伝えたいことは何か?考えて要約を書く」
③自分の考えを根拠を示し、相手に伝わるように書く力→「自分の意見と、意見の理由と根拠を書く」

の3つの力を同時に鍛えることができるトレーニング法の一つ。

そして、実際に読解力を鍛えてくれて、実力アップにつながる方法なのです。

 

のびくんはてな
のびくん
本当にこれで読解力鍛えられるの?

 

「1面コラム活用法」で、読解力アップ!?

1面コラム活用法の効果の根拠をイメージした画像

 

のんままさんはてな
のんママさん
この方法で読解力がアップ!って、どうして言い切れるの?
のび校長イラスト左口
のびさん
実際に読解力がアップしたエピソード、ご紹介します!

読解力がアップしたエピソード|塾生Aさんの実話

悩んだすえ、小学6年の5月に、公立の中高一貫校受験を決めたAさん
6月から本格的に中学受験対策に取り組むことになり、家庭教師をお引き受けしました。
決してできない生徒さんではないのですが、課題をテキトーに済ませてしまうクセが…
会話も、話している内容が伝わりにくく、こちらから
のび校長イラスト大左向き
のびさん
それって、こういうことかな?
と確認することもしょっちゅう。
国語の記述問題も、すじみちを立てて書くことがニガテでした。

読解力アップのご相談を受けたので、新聞1面コラム活用法にチャレンジしてもらうことに。

のんさんなやみ
Aさん
書くのニガテだし、やりたくない…
というのを、なだめすかし、お母様にも協力していただいてスタート!
入試まで時間が限られていましたので、毎日チャレンジをお願いしたのですが、週2回がやっと。
初めは要約もできず、ほとんど本文まる写し状態…それでも、
のび校長イラスト大左向き
のびさん
途中でもいいから、見せてね!
の声かけに安心したのか、必ずだしてくれました。
約3ヶ月でしたが、お母様のご協力でなんとか継続。
その結果、要約はかなり読み手に伝わるレベルで短く書けるようになり、読みやすいコラムや関心のある内容だと、自分の意見をしっかり書けるレベルに。
【Aさんのトレーニング後】
新聞1面コラム活用法の実際の画像
残念ながら、中学受験は惜しくも一歩及ばずでしたが、激しくへこむことなく元気に公立中学に通ってくれています。
のんママはてな
のんママさん
うまくいってないんじゃ???
のび校長イラスト左口
のびさん
まだ続きがあるんです(汗)
中学進学後も家庭教師を続けてくれていた、そんなある日。
のんちゃん嬉しい
Aさん
国語の先生、またこまらせちゃった!
のびさん口あけ
のびさん
ええ~~~~~!? 何やらかしたん?(汗)
のんちゃん笑顔
Aさん
「今回もちゃんと要約できたの、またAさんだけ!Aさん、先いきすぎ!」って!
のび校長イラスト左口
のびさん
おっ、お~、良かった!のびさんも嬉しい!(びっくりさせんなって…)
のんさんまえむき
Aさん
そうだよ!中学受験前のトレーニング、めっちゃ頑張ったんだから!
のび校長イラスト大左向き
のびさん
ヤダヤダで、半べそかきながらね…
のんさんまじめ
Aさん
なんか言った???
のび校長イラスト左口
のびさん
なんでもないです…
国語の読解がニガテだったAさんは、3ヶ月のトレーニングで、中学の国語科教員に「クラスで1番」と太鼓判をおしてもらえるレベルに実力アップ!
なにより、本人から
のんちゃん手にっこり
Aさん
あのトレーニングのおかげ!
と、言ってもらえたことが、強く印象に残っています。
あいかわらず好きではないそうですが、自学として、いまでも時々チャレンジしているとのこと。
子ども達は正直です、効果を感じられないなら、続けてくれることはまずないでしょう。
のびくんにっこり
のびくん
できそうな気が、ちょっとだけしてきた…
のび校長イラスト左口
のびさん
ぜひ試してみてください!

まとめ

読解力がアップした、清々しいイメージの画像

 

こちらの記事の内容をもう一度まとめると、

●読解力を鍛える方法は「新聞1面コラムを読む」「要点を書きだす」「自分の意見を書く」
●読解力を鍛える方法にとりくむとき、注意したい5つのポイント
●この方法をススメるのは「続けやすく」「効果が高い」から
●トレーニングの結果、学校で「読解力高すぎ!」と言われた塾生さんの事例
について、それぞれ見てきました。

子ども達の読解力の低下を指摘した

経済協力開発機構(OECD)が2018年に実施した国際学習到達度調査(PISA)で、日本は15歳の生徒の「読解力」の成績が79の国と地域の中で2015年調査の8位から15位に順位を下げた(2012年調査では4位)。

引用元:日本経済新聞社-日本経済新聞-記事「日本の15歳、デジタル読解力不足に3つの背景」(2019/12/10)

というニュースを、ご存知の方も多いと思います。

中でも、さきほど取り上げた「情報を探し出す力」「情報を評価し、熟考する力」「自分の考えを根拠を示し、相手に伝わるように書く力」の3つの力の低下が大きいとのこと。

 

もちろん「国際学習到達度調査(PISA)は、総合的な「読解力」を測るものではありません。

ですが、東北大学大学院情報科学研究科教授の堀田龍也先生

実用的な読解力能力を測るPISAは、親世代が国語の授業で学んできた『従来型読解力』とはそもそも異なるもの

引用元:働くママとパパを支えるWEBメディア日経DUAL-記事『デジタル時代の子ども 必要な読解力は広くて深い』(

と言うように、この3つの力は、これから先のAI時代を生き抜いていく上でなくてはならない基礎力とも言えます。

実際の問題例は、以下のサイトで確認できます。

OECD 生徒の学習到達度調査(PISA) Programme for International Student Assessment ~ 2018 年調査問題例~
(令和元(2019)年12月 文部科学省-国立教育政策研究所)

 

また、保護者の皆様も

国語という一教科にとどまらず、「生きる力」「働く力」「コミュニケーション力」など多様な力の土台となる根幹的な能力として、読解力を捉えている人は多いようです。

引用元:働くママとパパを支えるWEBメディア日経DUAL-記事『「読解力身に付けてほしい」親が家庭でしていること』(

と考え、家庭教育の一環としてとりくまれる方も増えてきています。

 

一方で

読解力をどうやって高めたらいいか、わからない。
読解力は、身についているかどうか?がわかりにくい。
取り組みを家庭で続けるのがむずかしい。

といったお声もあるのも事実。

今まで取り組んできた方法で「読解力アップ」を実感できないようでしたら、今回ご紹介した方法も試してみてはいかがでしょうか。

のび校長イラスト左口
のびさん
皆さんの読解力アップに、少しでもお役にたてれば幸いです。最後までお読み頂き、ありがとうございました。
関連記事

 のびのび中学・高校の国語で長文読解の「解き方」、「コツ」を教えてくれた教員は一人もいなかった…(遠い目)筆者が昔ばなしをするたびに、中学生の塾生さんはもれなく納得してくれるんです。国語[…]

長文読解の解き方のコツタイトル画像
関連記事

 のびくん国語の長文読解、苦手なんだよな~なんか良い方法ないかな?のびさんそんな長文読解が苦手なのびくんに、とっておきの方法を伝授します!小学校高学年から高校までの国[…]

長文読解の解き方をイメージした画像

当スクールの取り組みにつきましては、下記の記事をご参照ください。

SUMMARY | 概要

スクールの特徴紹介につきましては、下記ページをご参照ください。
お問い合わせにつきましては、下記ページをご参照ください。

(Visited 17 times, 1 visits today)
AD
読解力を鍛える方法のイメージ画像
最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

新潟市で小中学生の自律学習を支えるマンツーマン個別指導塾

CTR IMG
テキストのコピーはできません。