漢字の覚え方をイメージする書道の画像

国語の漢字、シンプルな暗記法。苦手な小中学生さん試してみて!

突然ですが、

千代田区立麹町中学校ってご存知ですか?

今や「日本一通わせたい中学校」

と言われるようになった学校です。

この公立中学校をそんな大人気中学校に改革したのが、

現校長の工藤勇一先生。

工藤先生の書籍も大反響
(近著は「麹町中学校の型破り校長 非常識な教え」。)、

すでにご存知の方も多いことと思います。

今回は、

漢字が苦手な小学生、中学生の皆さんに

是非試してもらいたい方法、

工藤先生の書籍にも取り上げられていて、

開校当初から当スクールでも取り組んでいる

国語「漢字」の覚え方、勉強法と考え方

について、スクールの塾生さんの事例と

筆者の子ども時代の経験も交えながら

お話ししていきます。

しーママ
うちの子、漢字を覚えるのが苦手で…
 
のびさん
そんなお子さんは、
学校とは違う方法を試してみるといい
と思います。

今までより漢字を覚えるのがラクになりますし、

気持ちも楽になると思いますので、

是非試してみてください。

 
のびさん
最後までお付き合い頂ければ
幸いです。
AD

国語の漢字、シンプルな暗記法と考え方

漢字の覚え方をイメージする書道の画像

漢字学習の今と昔

自宅指導の塾生さんのサポート開始時に、

良く目にする光景が、学校から出される「宿題」。

慣れた塾生さんは、

まず宿題から取りかかり始めます。

なぜか?やらないと先生に注意されるからです。

「“漢ド”のこれ全部、

 書いて練習しなきゃいけないんだ…

 明日先生にださなきゃだから。」

かなりの確率で、

塾生さんのテンションは爆下がり、

のろのろとランドセルやバッグから

ノート、筆記用具、ワークやドリルを出し、

ヤダヤダ始めます。

楽しめる状態に脳をリセットしてから、

そのままのモチベーションで学習に入ってもらおうと

日々工夫してる筆者からすると、

モチベーションは下がる…

時間もとられる…

恐れながら、

「宿題」迷惑千万なケースがほとんどです。

ただでさえ、学校からの大量の宿題。

しーママ
塾でも、さらに宿題出すんですか?
のび校長イラスト右口
のびさん
いいえ。

うちでは宿題出しません。

そんな時間があるなら、

もっと

考える力」を鍛えてもらいたいから

とはいえ、

宿題のド定番である

「漢字練習」で

目の前の生徒さんが苦しんでいるのを

見捨てるわけにはいきません

塾生さんが

宿題を少しでも早く終わらせることができるよう、

書き方、音読み、訓読み、実際の使い方、

同じ漢字を使った関連語を

補足としてアドバイスします。

中でも

一番力を入れているのは

「上手に書けた字を探してしっかり褒める」こと

です。

ヤダヤダ取り組んでいる

塾生さんのモチベーションを、

ほんのちょっとですが

上げてくれる効果がありますから。

筆者は幼稚園生のころから漢字を

(むりくり)書かされてましたので、

小学校上がるころには

漢字を書くのは普通のこと、

漢字はたくさんあること、

を知っていて、

漢字練習自体は

それほど苦痛に感じなかった方でした。

漢字練習で一番いやだったのは、

宿題忘れで廊下に立たされること。

塾生さん達に話すと、

「信じられない…」

と、みんなびっくりします。

塾生さん達の

学校での「漢字」の勉強法

を見ていると、

昔ほど懲罰的ではないにしろ、

筆者が小学生だった

45年ほど前とほとんど変わってません

一つの漢字を、

ノートの上から下まで
(ひどいときは2行)

何度も書かせる。

その漢字を覚えていようが

覚えていまいがお構いなし。

「知っていたり使いこなせている漢字」まで、

「初めて見る、知らない、うろ覚えな漢字」

と同じように練習させられる。

「なんでこれもやんなきゃいけないんだ?」

モヤモヤしたまま取り組むから、

覚えなきゃいけない漢字にまで

気持ちが入らない、

頭に入らない…

漢字テストで、できない…

さらにモチベーションが下がる…

漢字嫌いの無限ループへまっしぐら、

といった具合ではないでしょうか。

漢字のレベルアップを後押しするシンプルな方法

筆者のスクールで漢字のサポートをお願いされたり、

苦手な生徒さんや保護者の皆様から

相談されたりしたときに、

アドバイスしている勉強法はとてもシンプル

「初めての漢字、あやふやな漢字だけ練習する」

というもの。

元公立小学校教員で立派に勤め上げて退職された

当校の専任講師の先生は、

教壇に立たれているころから

ずっと取り組んでこられた方法だそうで、偶

然同じ方法なことを知ってビックリしました。

練習するときも、

3回書いて覚えられるなら3回で終わり

確認するときも、

読めて書けたら合格!」。

確認の時、

読めなかったり書けなかったりしたら、

もう一度練習して、また確認

たったこれだけ。

これで、

確実に、最速で、漢字がレベルアップします

ただ、

しっかり覚えられているかの確認は、

必ずしましょう。

 
しーママ
覚えたか覚えていないかの確認の時、
忘れてしまっていたら?
 
のびさん
もう一度、練習すればいいだけです。

この方法を

公立小学校で実践されてきた専任講師の先生は、

教員時代ご自身の担任クラスは、

いつも学年一漢字ができるクラス

になってくれていたそうです。

漢字のレベルアップを後押しするシンプルな考え方

公立学校にも、

自分の成功体験を押し付けたりしない先生は

いらっしゃいますし、

民間にだって

効果の薄い学校の謎習慣、謎ルールより、

「どうしたら漢字ができるように

 なってもらえるだろう?」

と真剣に考えて、

実践されている講師の方はいらっしゃいます。

当スクールで実践している方法以外に、

もっと貴方に向いている方法だって

あるかもしれません

そしたら、

生徒さん本人が自分に向くと思える方法を

やってみればいい

のです。

大切なのは、

 

「なんでできないんだろう?」

と原因追及をしない、

できない自分を責めないこと

 

「どうしたらできるようになる?」

か考えて「行動」に移すことに集中する

 

この基本的な考え方をしっかり意識して、

説明してきたような方法に

チャレンジしたおかげで、

イヤイヤ取り組んできた漢字習得が、

劇的にアップした塾生さん達もいる

のです。

国語の漢字、シンプルな暗記法と考え方 まとめ 

いかがでしたでしょうか。

今までの練習方法に

少し工夫を加えるだけの簡単な方法と考え方ですし、

たとえ同じ漢字が2回3回書けなかったとしても、

「また練習すればいい。」

考え方を変えるだけで、

生徒さん、保護者の皆様も、

できないことに意識がいってしまうことを

減らすことができる

のです。

漢字はレベルアップできる、

気持ちも楽になる、

いいことづくめで実際に効果のある方法

ですので、

ご家庭でも、取り組んでみられてはいかがでしょうか。

お読み頂いた皆さんの、

漢字習得のお役にたてたとしたなら幸いです。

 

 
のびさん
貴重なお時間を割いて最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

【関連記事】
「やる気が出ない」を「はかどる自分」に変える方法につきましては、下記の記事をご参照ください。

やる気が出ない時、試して欲しい!はかどる自分になる方法

 

スクールの特徴紹介につきましては、下記ページをご参照ください。
お問い合わせにつきましては、下記ページをご参照ください。

 

(Visited 91 times, 1 visits today)
AD
漢字の覚え方をイメージする書道の画像
最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

新潟市で小中学生の自律学習を支えるマンツーマン個別指導塾

CTR IMG