安易な『共感』の危険性。最近気になるマンガ『夜廻り猫』を少しだけ読んで考えたこと。

みなさん、なじですか?「これからどうする?」のびさんです!

秋の夜長、皆様どんなふうにすごされていらっしゃいますでしょうか?

最近、あるネットニュースで取り上げられたことをきっかけに、探しては立ち読み(?)してるマンガがあるんです。

深谷かほる先生の『夜廻り猫』(講談社)という短編作品がそれ。

調べてみてわかったんですが、朝日新聞社が創設した『手塚治虫文化賞』の第21回短編賞(2017年4月25日発表)を受賞された作品とのこと(ちなみに、この年の特別賞は「こち亀」の秋元治先生が受賞されていたんですね…)。

どうりで、心に染みる良い話が多いわけだ…

ご存知ない方のために、文化賞サイトから引っ張ってきた作品紹介と、先生の受賞コメントの一部をはっておきます(自分自身の備忘録としても)。

◆ 「夜廻り猫」ストーリー ◆
涙の匂いをたどってやってくる『夜廻り猫』こと遠藤平蔵。傷つき涙する者を励ますために毎夜、現れる。遠藤と共に夜廻りをする子猫の重郎や彼らを見守る片目の猫・ニイなど個性豊かなキャラクターたちが今夜もあなたとともに涙します。

◆ 深谷かほる先生受賞コメント(抜粋) ◆
「『夜廻り猫』は依頼もなく、ただ描きたくて描いた漫画でツイッターにアップしていたのです。それが、手塚治虫文化賞。本当かなあ? 今も九割方、信じられてません。」

朝日新聞社が運営するニュースサイト「withnews」の記事『「死ぬな」って言葉、地獄分かってない 夜廻り猫が描くしんどい学校』
で読ませて頂いたのは、自分も経験した「いじめ」を取り上げた作品。学生時代の古傷に触れられるようで、アラフィフになっても響くんだな、これが。

今まさに死のうとしている女子高生。それを引き留めようとする夜廻り猫遠藤。遠藤の一言から生まれた、数年後の驚きの結末。

先生の他の作品も読ませて頂いて、夜廻り猫遠藤に共通しているスタンスは「共感」ではないか、と勝手に解釈してるんです。

隣に座ってそっと背中に手(前足)を置く、後ろから「頑張れ」と声をかける…

人から共感されると「自分の存在を認めてもらえた!」という承認欲求(他者承認の方)が一時的にだけど満たされます。
傾聴し共感することは精神的な支えになることもあるので、傾聴ボランティアやカウンセリングで一般的に用いられている手法の一つなんです。

「共感」は大きく分けて2種類。
一つは、他者の感じていることを自分の感覚として感じる感情的側面(情動的共感)と、
相手の立場から見えるであろう状況を推測して分析する認知的側面(認知的共感)の二つ。

この共感力をはかるテストなるものもあるそうで、その尺度は
他者の幸不幸に共感する気持ちを評価する「共感的配慮」、
他者の立場に立って物事を自然に考えることができるかどうかを評価する「視点取得」、
フィクションの人物に感情移入する傾向を評価する「空想」、
他者の不幸な境遇を我が身に置き換えて恐怖を感じる傾向を評価する「個人的苦悩」の4つ。

この4つの「共感の尺度」のうち「視点取得」だけが認知的共感だそうです。(ウィキペディアより引用)

ご紹介した作品で、死のうとする女子高生に遠藤がかけた最初の「それはつらい」は、「情動的共感」からでた言葉、
「「死ぬな」って言葉、地獄分かってない」の言葉に「黙って死んだら真実も闇に葬り去られる。何があったか書いてくれ。」と頼む言葉は 「認知的共感」が含まれているように感じられるんです。

筆者も、カウンセリング時は「傾聴」と「メモ」を手法として取り入れています。
ただ、いつも感じるのは、情動的に共感するだけでは相談者の悩みは根本的には解決されないということなんです。
解決したケースもないわけではないですが、本人の努力で解決に至っただけで、カウンセラーの情動的共感のおかげではないと思うんです。

「苦しみをわかってもらえた」という他者承認の欲求が満たされるのでその場の満足度は高いんですが、何も解決していないのでしばらくすると悩みは元の状態にもどってしまう。
なので、またカウンセリングを受けに行きたくなる…
エンドレスループにはまりこんでしまうこともあるんです。

筆者は「わかった」の一言は口に出しません。
ご本人の悩みはあくまで当事者にしかわからない悩み。

他者が安易に「わかった」と言えば、作品の女子高生のような言葉が返ってくるだけです。

吐き出したい、ほんの少しでも楽になるなら聴いてもらいたい…
全部とまではいかなくても吐き出せるものを吐き出してもらえるよう「聴く」「メモする」ことに集中しています。

相談者が、カウンセラーの話を聞いても良いと思ってくれるようになった段階で、こちらからゆっくり焦らずお話をするようにしています。

なぜなら、夜廻り猫遠藤のように、他者の立場に立って物事を自然に考えられる「視点」で「認知的共感」がができて初めて、相談者の悩みの解決に役立ちそうなヒントをお伝えできるようになるんじゃないか…と考えているからなんです。

ただ、これが簡単にはいいかないんですね、人の心は本当に難しいと思うんです。

遠藤みたいな魅力があったらと思うこともありますが、難しければ難しいほど挑戦しがいがあるじゃないか!そんな思いで日々皆さんと向き合うことに努めている、古しい若輩者なんです。

今回も、貴重なお時間を割いて最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

マンツーマンで小中学生の自律学習を支える、新潟市の個別指導塾

CTR IMG