自分(お子さん)にぴったり合う塾の選び方

「自分にぴったり合う塾ってあるのかな?」

「うちの子に合う塾、良い選び方ってあるのかしら?」

塾の数も種類も指導法も年々増え続け、より取り見取りなっては来たものの、選択肢が広がった分、どんな塾を選んだらいいの?と、頭を悩ませている、そんな通塾検討中のお子さんや保護者の皆様もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、塾選びに悩むお子さんと保護者の皆様に、自分にぴったり合う良い塾を選ぶポイントについて、検討段階から本命塾に絞り込む段階までの4ステップごとに説明していきます。

さらに、現役の個別指導塾運営者として、利益最優先の塾が「それを言われると困る!」と思う注意点も紹介。
「なるほど、そういう見方もあるんだな…」
と思っていただける内容にできるよう心がけて書いています。

初めての方でも、良い塾を簡単に絞り込める方法ですので、是非試してみてください。

 

「入塾したら合わなかった!」をなくすには?

塾のサイトを比較して選んでいる最中の母親

 

しーママ
ママ友さんに聞いてみたり、調べたりしてるんですが、選んだ塾がうちの子に合わない塾だったらどうしよう、ってだんだん不安になってきて…
 
のびさん
そうですよね、お子さんのためにと、せっかく良く考えて選んだのに、合わなかったら元も子もありませんものね…
しーママ
うちの子にぴったり合う塾の選び方、何かポイントってあるんですか?
 
のびさん
業界関係者が言いにくい部分も含めて、リアルなお話しをさせて頂きます。

塾選び、押さえておきたいポイント4点

コンビニ並みにあると言われる「塾」ですから、うちの子に合う塾は?と迷うのもしかたないと思います。

今回は、塾選びで押さえておきたいポイントを、塾を選ぶときの流れに沿って

  1. 検討段階のポイント
  2. 問い合わせのポイント
  3. 相談のポイント
  4. 体験のポイント

の、塾選びの流れに沿った、4つに絞ってお話ししていきます。

① 検討段階のポイント

まずは、タイプから絞り込んでみましょう。塾のタイプは大きく分けると、

集団塾、
個別指導塾、
マンツーマン指導塾、
自宅指導(家庭教師。塾ではないですが、選択肢に加えます)

4タイプに分類できます。

それぞれに合うお子さんは、大まかに分類すると、次のようになります。

周りに流されない人、ライバルがいるとモチベーションがあがるタイプのお子さんなら、「集団塾」。

講師に自分から質問できる人、自分のペースで進めたいお子さんなら、「個別指導塾」。

わからないところを丁寧に教えてもらいたい人、一人の方が集中できるお子さんは、「マンツーマン塾」。

自分の家の方がモチベーションが続くお子さんは、「自宅指導」。

どうでしょう、自分(お子さん)に合うのはどのタイプの塾でしょうか。

それぞれもっと細かいメリットデメリットはいろいろとありますが、大雑把にまとめるとこんなところだと思いますし、ステップが進むにつれて合う合わないもはっきりしていきますので、初めは大まかなとらえ方で大丈夫です。

避けて頂きたい選び方は、例えば、

「かっこいい大学生が教えてくれるから」とか、
「先輩や友達が行ってたから」とか、
「周りからがすすめられたから」

などの理由で決めてしまうことです。

そういうお子さんは、

もう一度「なぜ塾に行くのか?」最初から考え直してみてほしい

のです。

しーママ
ちゃんと考えて、塾に通わせた方がいいと思ったから悩んでるんす!

 
のびさん
失礼しました(汗)、この先もお付き合いください。

大まかにタイプで選んだら、今度は選んだタイプの塾の中で、よさそうな塾のホームページやチラシを、できるだけ詳しく調べて比較してみてください。

 

しーママ
見てますよ、でも絞り切れないんです…

 
のびさん
そんなときは、まず、費用を確認してみましょう!

資料を見ても、費用がはっきりわからない塾、わかるようになっていない塾、選ばれるでしょうか?

初めて見た素敵な外観のお寿司屋さん。
お店の前の黒板に「大間の本マグロ大トロ、時価!(その時その時で値段が変わる)」と書いてありました。
入店されますか?

自分だったら、素敵な外観だし、本場の大マグロだから「たべてみたいな…」と思うでしょうが、入店はしません。

もちろん、教育サービスですので、高いから良い、安いから悪いというものではないですが、
価格がわからなければ、比較しようがない
と、考えてしまいます。

ですから、資料をよく見て、少なくとも、細かい費用を含めた「年間総額」をオープンにしている塾を選ぶことをお勧めしています。
なぜなら、費用を偽るケースは少ない(ゼロではないです、偽れば詐欺です)からです。

この「年間総額」というところが、ポイント。

塾にかかる料金は「授業料」だけではありません。

入塾金、授業料、教材費など、よく耳にする費用もあれば、年会費、事務手数料、管理費、更新料、プリント代、模試受験料など、中には何に使われているのかわからないような費用が毎月かかるケースもあります。

この他にも、春、夏、冬の長期休暇中の講習受講が必須となっていて、別途費用がかかるケースも珍しくありませんので、年間でどれくらいの費用になるのかわかりにくい場合が多く見受けられます。

概算でも、年間の総額がわかるようになっている塾であれば、比較検討もしやすくなります。

年間総額を一つの目安として、この段階で5つほどに絞れれば良いのではないでしょうか。

② 問い合わせのポイント

絞り込めた段階で、無料体験や詳しい資料の問い合わせをしてみましょう。

問い合わせの電話、メールとも、問い合わせをした塾の良し悪しを見分けるポイントは「個人情報」です。

最初の問い合わせの段階で、個人情報の提出を求める塾は、その後しつこい勧誘に悩まされる可能性大です。

「名前」、「連絡先1つ」くらいであれば常識的な範囲ですが、それ以上の個人情報を求める様なら候補から除外してしまってかまいません。

できれば、後々のトラブルを避ける意味でも

「塾からの連絡はしません。」

「後追い営業はしません。」

としっかり宣言している塾を選ぶことをお勧めします。

この段階で3つに絞れれば良いのではないでしょうか。

③ 相談のポイント

次は、資料や電話、メール返信の対応から「話を聴きたい」と思った塾の無料相談に親子で参加する段階

ご家庭の相談に親身に乗ってくれる

 
のびさん
相談はそっちのけで、塾の良さをアピールしてくるなら要注意!

格安講習や無料体験に誘導しない

 
のびさん
誘導するなら、入れる気まんまんです!

質問には全て答える

 
のびさん
はぐらかして答えないようなら、気をつけて!

そんな塾なら、ひとまず候補として残せそうです。

塾の大小、経歴、評判は二の次、

自分(お子さん)にとって最良の選択は?の視点

講師、授業、費用、契約…

疑問点は、細かいものも含めて納得いくまでガンガン質問してください。

遠慮は禁物です!嫌な顔をするようなら、候補から外してしまって結構です。

ここで2つに絞りこめると思います。

④ 体験のポイント

塾の雰囲気が良くわかる体験教室は、入塾の決め手になることもある重要なポイントの一つ。

せっかく時間をかけて絞った2つの塾ですので、両方とも参加してみましょう!

体験後、自分(お子さん)の率直な感想と、これまでの対応から、最終的に1つに絞り込みます。

無料体験時のアドバイスが役に立った、

入塾前に詳しい個人情報を要求しない、

入塾前でも質問には誠実に回答する、

しつこい勧誘がない、

そんな塾なら、比較的良心的な塾といえるでしょう。

入塾後も、違和感なく通塾できて、勉強にもきっと集中できることと思います。

まとめ

2019年度の大学進学率は54.67%、10人に5~6人が大学に進学する時代です。

最新(2019年)の大学進学率は54.67%!男女・学科・都道府県別まとめ

もちろん、これは下の記事で取り上げたFラン大学(Fランクの大学)を含めた数字。

小中学生に一押しの「キャリア教育動画サイト」は?

学習指導要領が改訂され、英語とプログラミングの授業が、小学校で教科レベルで本格的にスタートし、授業数も増加

小学校でプログラミング教育が必修化。再確認!

小学校英語2020年度必修化!変更点を再確認

令和3(2021)年度大学入試からは、思考力・判断力・表現力を重視した「新しい入試制度」も始まる予定です。

 

これだけ大卒が増えているわけですから「大学をでれば安泰」という考え方は、すでに過去のものと言えます。

どの大学のどの学科で、何を学ぶか、より一層「教育の質」と「主体性」が問われる時代になってきているのです。

当然、小中学生も今までの「暗記中心の注入型指導塾」の学びでは、追いつかない部分がでてきているのです。

塾も「大学入試改革」を見据えて、より慎重に選ぶ時代といえるのではないでしょうか。

 

とはいえ、まさに五万とある塾の中から、自分やお子さんにぴったり合う塾を探すのは至難の業ともいえます。

すべてのお子さんに対応できる塾は無い(ここ、ポイントです!)ので、当たりはずれの大きい業界であるとも言えます。

「学力の基準」が大きく変わろうとしている(変えようとしている)時代ですから、口コミや評判だけに頼って選ぶと、後々困ったことになりかねません。

「結果がでない」と転塾をくりかえせば、それこそ時間も費用も労力も全て無駄になってしまうことも…

ですから、それぞれの塾の特徴を見極めた上でより自分(うちの子)に合う塾はどこか?意識して選ぶことも学力アップへの近道の一つ、と言えるのではないでしょうか。

 

しーママ
「悪徳塾」には騙されないワン!あら…失礼
 
のびさん
いえいえ(ん?)
お話ししたポイントを「ピッタリ合う塾」を見つける際にご活用頂けたら幸いです。
 

 

【 関連記事 】

集団塾と個別指導塾それぞれのメリットデメリットにつきましては、こちらの記事もご参考頂ければ幸いです。

新潟市で個別指導塾に通うならどこがおすすめ?失敗しないためにやるべきこと

個別指導塾(複数個別)のメリットデメリットにつきましては、こちらの記事もご参考頂ければ幸いです。

個別指導塾、おさえるべきメリットとデメリット5選

 
のびさん
貴重なお時間を割いて最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

今回も、貴重なお時間を割いて最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

当スクールの年間総額例につきましては、こちらのページで公開しております。

SUMMARY | 概要

 

最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

マンツーマンで小中学生の自律学習を支える、新潟市の個別指導塾

CTR IMG