料理は学力アップにつながることをイメージした画像

結果を出す塾生さんに共通する「家での取り組み」と、その効果とは?

今でも連絡をくれる卒塾生さんからLINE。

定期テスト結果を教えてくれたんですが、

英語以外の全教科85点以上!

塾生時代よりさらに成績アップしていて、

筆者まで思わずガッツポーズしてしまいました!

この卒塾生さん含め、

結果を出してくれる生徒さん達に

共通しているある日常の取り組み

があるのです。

今回は、その取り組みと、

そこから得られる教育効果について

お話ししていきます。

のび校長イラスト右口
のびさん
最後までお付き合い頂ければ、
幸いです。
AD

結果を出してくれる塾生さんに共通する取り組みとは?

料理は学力アップにつながることをイメージした画像

この記事のトップ画像で

察してくださった方も多いと思います。

筆者が運営する1対1個別指導塾だけの特徴

かもしれませんが、

結果を出してくれる生徒さん達に

共通しているある日常の取り組みとは、

「調理」

この卒塾生さんは、

小学生のころから自分で料理するようになり、

今では妹さんの分までつくってあげることも多い

「料理ができる高校生」なのです。

この卒塾生さんだけでなく、

現役塾生の小学生の中にも

 
のびさん
ご飯食べた?
真面目なしばおくんのイラスト
しばおくん
うん、自分で作って食べた!
 
のびさん
料理できるんだ、すごいね!
しばおくん
しばおくん
別に。簡単なものだけだから。
オムライスなんて簡単でしょ!

なんて会話になった男子塾生さんもいて、

そんな生徒さん達は、

結果がでるまでの時間差はあるものの、

しっかり結果を出してくれている

のです。

少し前の

「東京ガス都市生活研究所「親子料理の意識と実態2014」」

によると、

親子で料理をするメリットは7つあるとのこと。

筆者も簡単なものばかりですが、

日々自分で料理してますので納得の内容でした。

調理がお子さんの学びに与える効果は?

こんな話題は、

お母さま方に語って頂いた方が

より説得力が増すのでしょうが、

筆者も日々自分で調理から後片付けまで

していますので、

生活の中で感じ、

生徒さん達から見い出した、

記事では取り上げられていない「調理」の効果について

考えていきたいと思います。

効果1.「思考力」を高めてくれる

一つ目の効果は

「思考力」を高めてくれる

ということ

「どうしたらおいしくできるだろう?」

「見た目もきれいにしあげるには
 どうしたらいいだろう?」

「いまある食材で工夫して
 料理するにはどうしたらいいだろう?」

考えなしに作ったら

得体のしれないものばかりになって、

まともな食事にありつけない

ことになりかねませんし、

食べたいものだけ作ろうとすると、

食材の買い増しや余計な出費につながり、

調理時間も無駄に長くなりがち。

さらに

食後の台所が大変なことに

なるかもしれません。
(男料理にありがちですね…)

例えば、

キャンプなんかのイベントであれば

それでも良いのでしょうが、

日々の食事となるとそうもいきません。

家族の健康を考えて、

日々の調理に向き合っていらっしゃる

世のお母様方

のご努力には、

ほんとうに頭が下がるばかり。

ご家族の健康だけでなく、

家計のことも考えて

毎日工夫するのは、

頭をフル回転させて

難解なパズルを毎回解いている

ことと同じ

です。

ですから、

お母様方の日々のご努力を、

そのままお子さんに投げてみればいい

のです。

女子だろうが男子だろうが、

関係ありません。

流石に小学校低学年のお子さんは

一人では難しいでしょうが、

小学校4年生以上なら

ありだと思います。

初めてのチャレンジなら、

高学年でも一緒に取り組んだり、

そばについてアドバイスしてあげたり

でもいいと思います。

焼きそばでも、

サンドイッチでも、

雑炊でも、

あるもので作れるものならなんでもいい

のです。

「今日のお昼は○○作ってみようよ!」

「やだ!」
「めんどくさい!」
「やらない!」

なら、また機会を改めて声かけを。

1回2回嫌がられたからといって

あきらめないで

くださいね。

しーママ
包丁なんか、
危なくて持たせられません!

いずれ、

学校の家庭科でも使うようになりますし、

使ってみなければ危なさもわかりません

危険を全て取り除いて

近づけないようにすることは、

お子さん自身が自分で考える

絶好の学びの機会を

奪ってしまうことになる

と思うのです。

筆者も、

今でも時々包丁で指を切ってしまう

こともありますが、

だからといって調理しなければ

毎日パンとカップラ生活に。

それでは、

ただでさえ衰えつつあるオッサンが、

仕事で良いパフォーマンスを

だせるわけがありません。

どうしても刃物類を使わせたくないなら、

こねたり、

ちぎったりして調理できるもの、

調理バサミやスライサーで切れるもの
(完全にケガの心配がなくなるわけではないでしょうが)

でできる料理、

簡単に作れるものから始めてみればいい

と思うのです。

一部は加工食品を使ってもいいと思います。

この場合大切なのは

教育効果から調理を考えてみる

こと。

「食べられる食事」という

結果につながるプロセスを、

お子さん自身に考えさせることで

「思考力」をきたえてあげる

ことが重要なのです。

効果2.「想像力」を刺激してくれる

2つ目の効果は

「想像力を刺激」してくれること。

「この調味料をプラスしたら、

 もっとおいしくなるかも?」

「これを飾り付けたら、

 もっとおいしく見えるかも?」

「テーブルクロスやランチョンマット、

 使う食器は何がいいだろう?」

「照明も工夫できないかな?」

出来上がりを想像しながら、

自分なりに工夫を加えられるのも

料理の良いところ

自分が作ったごはんが並ぶ食卓を、

家族が笑顔で囲んでくれるシーン
(そんなサザエさん的なシーンは少ないよ…なお声が聞こえてきそうですが)

が想像できるなら、

自分から進んで

料理に工夫をしてみたくなる

というもの。

結果うまくいかなかったとしても、

そこはまだ経験の少ない

お子さんのことですから、

リベンジを誓いつつ、

笑顔で受け入れてあげましょう。

上手くいかなかったときのために、

一応、子どもさんの目につかないところに

カップラーメンやパンを

用意しておいたほうが

良いかもしれません。

効果3.「段取り力」を鍛えてくれる

3つ目の効果は

「段取り力」を鍛えてくれること

「お味噌汁を作っている間に、

 浅漬けを作れば時短になるかな?」

「メインのおかずを温かいうちに

 食べられるようにするには、

 この順番で作らないと!」

など、

限られた時間の中で、

最も良い状態で

食卓につけるようにするには、

段取りは不可欠

後片付けまで含めて

調理の段取りを考えられるなら、

複雑になる分、

さらに教育効果は高まります。

うまく進められるよう

「段取り」を考えないと、

食べる時間が短くなってしまったり、

おいしく食べられなくなってしまったり、

片付けに長時間かかってしまったり…

自分のご飯のことなら、

考えようとするお子さんも多いのです。

結果を出す塾生さんに共通する「ある取り組み」とその効果 まとめ

生活に直結する「調理」だからこそ、

勉強にも通じる「3つの力」を

自然と鍛えてくれる最強コンテンツの一つ

になり得ると筆者は考えます。

ですから、

個別指導塾でありながら、

体験プログラムの中に、

簡単な調理体験を用意

しています。

レシピは、

ネット上にいくらでも公開されている時代。

時短レシピなども上手く活用しながら、

お子さんのもつ

思考力、

想像力、

段取り力

を引き出すきっかけの一つとして

「調理」に取り組まれてみては

如何でしょう。

きっと、

普段見られないお子さんの

良い面に気づいたり、

新たな発見があったりするはず。

お子さんたちの中に眠っている力が、

一つでも多く目を覚ましてくれることを

心から願っております。

 
のびさん
最後までお付き合い頂き、
ありがとうございました。

【関連記事】
教室の取り組みにつきましては、下記の記事をご参照ください。

SUMMARY | 概要

スクールの特徴紹介につきましては、下記ページをご参照ください。
お問い合わせにつきましては、下記ページをご参照ください。

 

AD
料理は学力アップにつながることをイメージした画像
最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

新潟市で小中学生の自律学習を支えるマンツーマン個別指導塾

CTR IMG
コピーはできません。