中学1年数学の単元「正の数・負の数」をイメージした画像

【疑問解消】中1数学「正負の数」の計算。つまづきを中1ギャップにしない!

のび校長イラスト左口
のびのび
こちらの記事では「中1ギャップ」の原因の一つになる「学習面のつまづき」、
中でも、後々まで影響の大きい数学の単元
「正の数・負の数」の加法と減法「正の数・負の数」のカッコ外し

基本的な考え方と効果的な学習方法を、塾生さんの実例を交えて解説しています。
えっ!わかりやすい表もあるの?

 

ほとんどの方は、小学校時代、

学校で与えられた課題をこなし、

単元ごとにテストを受けたと思います。

 

テストとテストの間隔は比較的短く、

忘れないうちに受けることも多いので、

ほとんど90点以上というお子さんも

多いのではないでしょうか。

 

一方、中学に進学すると

定期テストと定期テストの間隔は

長くなります。

 

小学校の感覚のまま

なんとなく授業を受けていると、

本人も保護者も

びっくりするようなテスト結果に。

 

これがきっかけで、

学校生活になじめない所謂

「中1ギャップ」

「中1の壁」

に苦しむお子さんも出てきます。

 

そこでこちらの記事では、

数学の最初の単元

「正の数・負の数」の加法と減法、

「正の数・負の数」のカッコ外し

の基本的な考え方と

効果的な学習方法を解説します。

 

はじめに

ポイントをまとめました

● 中学の数学、「+」「-」は『「プラス」「マイナス」という符号』という扱いもされる。
● 「正の数・負の数」の加法と減法では
  例えばマイナス6はマイナス1が6コ、プラス5はプラス1が5コ。 
  符号と数字をセットで考えるとわかりやすい。
● 「正の数・負の数」の加減のカッコ外しは、この4パターン
   正負の数カッコ付き加減法のつまづき解消法イメージ  

 

のび校長イラスト右口
のびさん

まずはじめに、
中1数学で「正負の数」の理解が大切な理由と
「正負の数の加減」のつまづきの原因を
見ていきましょう。

 

AD

AD
中学1年数学の単元「正の数・負の数」をイメージした画像
最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

新潟市で小中学生の自律学習を支えるマンツーマン個別指導塾

CTR IMG
コピーはできません。