長文読解の解き方のコツタイトル画像

必読!国語の長文読解のコツ|おさえるべき文学的文章の3つの骨組みと解き方の「公式」

長文読解をイメージした画像

 

のび校長イラスト左口
のびのび
中学・高校の国語で長文読解の「解き方」、「コツ」を教えてくれた教員は一人もいなかった…(遠い目)

筆者が昔ばなしをするたびに、中学生の塾生さんはもれなく納得してくれるんです。

国語=日本語は、母国語として小さい頃から日常生活で使っていることば。

なんとなくで国語長文読解の問題を解いても、そこそこ点数がとれている生徒さんもいるのではないでしょうか。

この「なんとなく」な感覚、フィーリングやニュアンスで解くのではなく、数学や算数のような公式(ルール)や解き方があると言ったら、信じますか?

実は、現代文の長文読解も、ルールを理解して頭に入れてから解けば、はっきりと正解が導き出せるようになるのです。

平均的な点数の塾生さんが、30点近くアップすることも珍しくありません。

今回は、現代文の長文読解、なかでも文学的文章の読解の解き方とコツについてお話します。

  • こちらの記事の内容は、

●国語長文の読解力は、流し読みでは伸びない。
●一文ごとのつくり一文と一文のつながりがわかれば、長文読解がスムーズに!
文学的文章を読み解くには、まず3つの骨組みをつかむ!
●文学的文章の主な設問パターン2つと解き方の公式はコレだ!
●長文読解の解き方、注意点は2つ。

となっています。

  • 記事の信頼性
    こちらの記事を書かせて頂いたのは、
のび校長イラスト左口
のびのび
●小中学生対象完全個別指導塾の校長(経営者兼専任講師)
●開校5年半で、新潟県内トップ私立高校合格者を輩出。
●年評定平均:中学時代3.7→高校進学後4.9、4.8の塾生を輩出。
●サポートした不登校卒塾生、定時制高校→大学進学。
●当ブログ、にほんブログ村カテゴリー「中学受験(個人塾)」
で、2020年6月7月ランキング1位を獲得。
●元公立高校教員
●現役カウンセラー
の「のび校長」こと、のびのびです。

小学校高学年から中学生、長文読解の苦手な高校生まで通用する奥義を伝授!一生役立つ基本をお伝えしていきます。

平均より下から平均よりすこし上の生徒さんにおススメの、読解力が格段にアップするコツと長文読解の解き方をお話していきます。

AD

「本好き」=読解力が高いとは限らない!?読解力を伸ばすには?

本好きをイメージした画像

以前「私は本が大好き」という方が書いたあるコラムで「私は本が好きですが、自分の読解力が高いとは思っていません。」と書かれていて、大いに共感しました。

趣味の本を楽しみながら読む分には、それでいいのかもしれません。でも国語の長文読解の場合、流し読みしていては肝心の読解力は伸びないのです。

国語長文の読解力を伸ばすには、読み進め方の基本を理解して頭にいれ、意識して読む必要があるのです。

国語の長文読解、まずおさえるべきポイントは?

長文読解のポイントをイメージした画像

どんな長文も、文の始まりから「。」(句点)までの一文が、いくつもつながることで出来ています。だから、

● 一文ごとのつくり
● 一文と一文のつながり

がわかれば、どんなに長い文章でも読み解くことができるのです。

一文ごとのつくりをおさえるポイント

「一文ごとのつくり」で必ずおさえてもらいたいのが、その文の「主語」「述語」「指示語」です。

簡単におさらいしておくと、

主語は「~は」、「~が」、「~も」の「~」の部分、

述語は「○○だ」、「○○する」の部分、

指示語は「これ、それ、あれ、どれ」(こそあど言葉)です。

例えば、

ぼくは、友達と話していた。
別の友達の声が聞こえたので、そちらを見た。

こんな文の場合、

主語は、前半の文は「ぼく」、後半の文は、書かれてはいませんが「ぼく」。
述語は、前半の文は「話していた」、後半の文は「見た」。
指示語は、「そちら」で、「友達の声が聞こえた(方向)」を“指示”(指ししめ)している。

となります。

一文と一文のつながりをおさえるポイント

つぎに「一文と一文のつながり」で必ずおさえてもらいたいのは、「接続語」です。

こちらも簡単におさらいしておくと、

前の文と後ろの文をくっつけるときに使う接続語「しかし」は、前の文と反対の内容を後ろの文で書く時に使う接続語。

接続語の使い方と意味がわかれば、文と文がどのようにつながっているかわかるようになるのです。

「一文ごとのつくり」と「一文と一文のつながり」を意識して読むことで、読解をスムーズにすすめることができるのです。

文学的文章の長文読解、解き方とコツは?

長文読解のコツをイメージした画像

長文読解の問題になる文章は、文学的文章と説明的文章の2つに分けることができます。

文学的文章(物語、小説、詩など)
 登場人物の気持ちをとらえている文章。読者の感動を目指すために書かれる文章です。

説明的文章(説明文、論説文、評論など)
 筆者の言いたいことが書かれている文章。読者の理解を目指すために書かれる文章です。

それぞれ違う解き方とコツがありますが、今回は文学的文章の長文読解の解き方とコツを見ていきます。

文学的文章の読み解き方、骨組みをつかむ!

文学的文章(物語、小説、物語的な随筆、詩など)読み解くには、まず文章の骨組みをつかむ必要があります。

文学的文章の骨組み

● 事件(出来事)
● セリフとアクション(言動)
● 感情(気持ち)

3つでできています。それぞれ、もう少し詳しく見ていきましょう。

「事件」。こういうとなんだか大げさですが、例えば「朝起きた。顔を洗った。歯を磨こう…」と、変化のない日常生活を繰り返し書いても物語にはなりませんよね。

ここに、

ボーっとしながらいつものように歯ブラシを口に突っ込んだが、今日にかぎって歯磨き粉が変な味、しかもベタベタ口の中にはりつく感じだ。
目こすりながらチューブを良くみると…クツ磨きのチューブじゃないか!
ザワザワ寒気を感じながら、①大あわてで口を何度もゆすぐ
②カッとなって思わず
「誰だ!こんなところにクツ磨き置いたのは!!!」
と大声をあげた。

こんな、日常と違うちょっとした事件=出来事が起こることで、物語がはじまります。

この出来事に対して、登場人物が、何かセリフを言ったりアクション=動いたり(言動)します。

これらの「出来事」や「言動」に対して、登場人物はいろんな「感情(気持ち)」をもちます。

この「出来事」「言動」「気持ち」が繰り返し描かれることでお話が進んでいく、これが文学的文章です。

ですから、文学的文章では、この3つの骨組みをしっかりおさえながら読みすすめれば、上手く読み解くことができるのです。

「気持ち」が見分けにくい場合は、その一文のうしろに「という気持ち」「と思った」の言葉をくっつけてみてください。くっつけてみて意味が通じるなら「気持ち」の一文です。

慣れるまでは、3つの骨組みを意識しにくいかもしれません。そんな時は、問題文に「これは、出来事」「これは、言動」「これは、気持ち」と、印を付けながら読むのも良い方法です。

文学的文章のテッパン設問パターン、解き方は?

問題の出題パターンをイメージした画像

「出来事」「言動」「気持ち」の3つの骨組みを意識して全て読み、終わってから設問にとりかかるようにします。

きかれることが多い「テッパンの設問」パターンは、

①「言動の理由」をきかれるパターン
②「気持ちの理由」をきかれるパターン

の2つ。

例文で考えてみると、

設問1) 傍線部①「大あわてで口を何度もゆすぐ」とありますが、それはなぜですか?
設問2) 傍線部②「カッとなって」とありますが、それはなぜですか?

といった問題ができます。

 

解き方の公式は、両方の設問パターンとも「設問の骨組み以外の、2つの骨組みに注目する」こと。つまり、

設問1は、言動(アクション)の理由をきかれているので、「言動」以外の「出来事」「気持ち」に注目
設問2は、気持ちの理由をきかれているので、「気持ち」以外の「出来事」「言動」に注目

すれば、解答のヒントを見つけ出すことができるのです。

 

この公式にそって設問を見ていくと…

設問1は、傍線部①より前の部分を見ると「今日にかぎって歯磨き粉が変な味、しかもベタベタ口の中にはりつく感じ」「チューブを良くみると…クツ磨きのチューブ」という「出来事」がヒントになります。

設問2は、傍線部②の前後をよく見ると「チューブを良くみると…クツ磨きのチューブ」という「出来事」「誰だ!こんなところにクツ磨き置いたのは!!!」という「言動」(セリフ)がヒントになります。

あとは、それぞれのヒントをもとに、解答すればいいだけです。

解答は、

設問1)歯磨き粉と思って歯ブラシにつけたものが、クツ磨きだったから。
設問2)歯磨き粉の近くに(場所に)誰かがクツ磨きのチューブを置いたせいで、間違って口に入れてしまったから。

となります。このように

ルール通りに解答すれば、まるで算数や数学の公式のように正解をみちびきだすことができるのです。

解き方の注意点は、大きく分けて2つ!

日本語の文章のイメージ画像

文学的文章の長文読解解き方の注意点

文学的文章の長文読解の設問パターンは、2つだけではありません。

その他の設問パターンは、

● 「内容」についての設問
● 「登場人物の気持ちや様子」についての設問
● 「文章の一部からわかる登場人物の性格」についての設問
● 「文章全体からわかる登場人物の性格」についての設問

4つあって、解き方も変わります。お話した解き方が、全ての設問に使えるわけではないので注意が必要です。

また、せっかくこの解き方を使ってくれても、「言動」と「気持ち」を取り違えてしまうと正答は導き出せません。解き方を会得してもらうためにも、練習は必要です。

長文読解に取り組む時の注意点

一部の塾では「問題文でなく、設問を先に読む」よう指導しています。こんな解き方が通用するのは、授業やワークで読んだことがある、教科書の文章から出題される学校の定期テストだけ。
筆者の教室の生徒さん達の中で、長文読解のケアレスミスが多い子のほとんどが「設問を先に読む」解き方をしています。
ちなみに、都立高校の2014年度入試で実際に出題された文学的文章の長文読解問題の文字数は、約2800文字。
わざとゆっくり読んでみたところ、6分ちょっとで読み終わりました。1分でだいたい450文字、これは、中学生が初めてみる文章を読むのと同じくらいのスピードです。
文章を読むのに5~6分使ったとしても、問題を解く時間は、十分すぎるくらい残っています。
時間がもったいないと設問を先に読んでから問題文を読む解き方ばかりしていると、読解力がアップしないばかりか、できるはずの問題を落としてしまう「ケアレスミス」にもつながってしまうのです。
● まず問題文をしっかり読む
● 設問を読んで問題にとりかかる

これは、文学的文章にかぎらず長文読解に取り組む時に必ず守ってもらいたい注意点です。

のんさんなやみ
のんさん
このとおりやってみたけど、ケアレスミスしちゃう…
そんな人は、設問の意図を読み違えてしまっているかもしれません。
質問されているのは「理由」でしょうか?「性格」でしょうか?「内容」でしょうか?
答えるべきことを間違ってしまうと、解っていても、質問からズレた解答をしてしまうことになります。
設問の文中の質問されていることに印を付けるようにしてみましょう。
たったこれだけのことでケアレスミスを防ぐことができるのです。

まとめ

国語テスト満点のイメージ画像

こちらの記事では

●国語長文の読解力は、流し読みでは伸びない。
●一文ごとのつくり一文と一文のつながりがわかれば、長文読解がスムーズに!
文学的文章を読み解くには、まず3つ骨組みをつかむ!
●文学的文章の主な設問パターン2つと解き方の公式はコレだ!
●長文読解の解き方、注意点は2つ。
について見てきました。

はじめにお話ししたように、長文を読んでも内容がほとんど理解できない人、コンスタントに80点以上とれている人には大きな効果は期待できない解き方です。

一方、平均より下から平均よりすこし上の生徒さんには、効果絶大な解き方とコツ。

のんさんまじめ
のんさん
国語の点数なんて、そんなに簡単には上がらないよ…
と思っている生徒さん達にこそ、ぜひ試してもらいたいとの想いから、記事にまとめさせて頂きました。
長文の読解力は、ほんの少しの努力と工夫で大きく伸ばすことができます。
信じる信じない、やるやらないはあなた次第ですが、筆者の教室でも20点~30点アップの生徒さんが続出しているのはまぎれもない事実。
読んでくださった皆さんの読解力アップ、得点力アップに、少しでも役立てて頂ければ幸いです。
のび校長イラスト大左向き
のびさん
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
【関連記事】
国語の得点力を伸ばす方法につきましては、こちらの記事をご参照ください。

国語を得点アップに導く3つの方法とは?新潟県公立高校入試問題から

読む力を無理なく伸ばす方法につきましては、こちらの記事をご参照ください。

苦手を克服!「読む力」を無理なく伸ばす3つのアプローチ

読解力のトレーニング方法につきましては、こちらの記事をご参照ください。

5教科の得点力アップにつながる「読解力」トレーニングとは?

当スクールの取り組みにつきましては、下記の記事をご参照ください。

SUMMARY | 概要

スクールの特徴紹介につきましては、下記ページをご参照ください。
お問い合わせにつきましては、下記ページをご参照ください。

(Visited 137 times, 1 visits today)
AD
長文読解の解き方のコツタイトル画像
最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

新潟市で小中学生の自律学習を支えるマンツーマン個別指導塾

CTR IMG
テキストのコピーはできません。