小中学生に一押しの「キャリア教育動画サイト」は?

 

自分のキャリアアップのため、地に足をつけ一歩一歩前進する将来の自分

卒塾しても仲良くさせてもらっている現役高校生の生徒さん。

中学生時代は不登校で、カウンセラーとして、自宅指導講師として、心と学習両方のサポートをさせてもらっていました。

公立高校進学後は、勉強はもちろんのこと、イベントに参加したり、短期のアルバイトなんかにも積極的にとりくんでくれたり…
見違えるように元気になって、充実した高校生活を送ってくれていて、もうね、それはね…

涙がでるほどうれしい!!!

中学生時代から、ネットの世界に強い興味を持っていた彼。

「どうやったらこんな動画探せるんだろう?」と感心するくらい、独自の視点で見つけたおもしろい動画を、今も時々おっさんに紹介してくれるんです。

普段あまり見ない動画サイトですが、彼が紹介してくれる動画はクオリティの高いものばかり、つい見入ってしまいます。
動画を見たとしても、めったにチャンネル登録までいきませんが、彼の紹介してくれた動画は登録させてもらっているものもあります。

今回は少ない登録チャンネルの中から、彼に教えてもらった中学生にも、保護者の皆さんにも、小学生にも一押しの動画サイトをご紹介していきます。
最後にリンクを貼っておきますので、時間のある時に是非立ち寄ってみてください。

中学生にも、小学生にも一押しの動画サイトは?

自分の中学生時代を振り返っても、なんも考えてなかったのに、子どもたちに「自分の将来を良く考えて!」なんてえらそうに言える立場じゃございません。

だったら、その道のプロに助けてもらえばいいんでない?

しーママ
将来についてアドバイスしてくれるプロって、いるんですか?
 
のびさん
ですよね…でもいるんです、今はそんなプロが!

「キャリアコンサルタント」

名前は聞いたことあるけど、具体的になにしてくれるの?

ざっくりおさらい「キャリアコンサルタント」とは?

キャリアコンサルティング(労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行う)を行う専門家。
キャリアコンサルティングを通じて、自分の適性や能力、関心などに気づき、自己理解を深めるとともに、 社会や企業内にある仕事について理解することにより、その中から自身に合った仕事を主体的に選択できるようになることが期待できます。

ちなみに、「キャリアコンサルタント」は、平成28年4月より国家資格。守秘義務・信用失墜行為の禁止義務が課されています。
キャリアコンサルタントでない人は「キャリアコンサルタント」や紛らわしい名称を名乗れなくなりました。

出典:NPO法人 日本キャリア開発協会(JCDA)

つまり、とってもざっくりまとめると「自分に合う仕事を選ぶ手助けをしてくれる人」ってことです。

ご紹介したいのは、この国家資格「キャリアコンサルタント」を持つ方が、就職活動、労働、ビジネス、キャリアに関する動画を発表している

「Fラン大学就職チャンネル -Fラン大生の就職実態 原因は本当に学歴?-」

っていうサイトです。

「いらすとや」さんのイラスト主人公が「ゆっくりボイス」で会話しながら様々な仕事の紹介をしていく動画で、一つ10分程度のボリューム。

2019年9月7日現在、286の動画が登録されています。

ちなみに、タイトルの「Fラン大学=Fランクの大学(大手予備校河合塾が名付け親)」の定義は、
「偏差値35以下の大学(河合塾)」、「日東駒専産近甲龍よりも偏差値が低い大学」、「Gマーチ未満の大学」の3種類あるようです。
ちなみに、聴いた別の話では、国公立大学はFラン大学ではないとのこと(てことは、地元の場合、2校以外全部Fラン?)。

動画製作者のキャリアコンサルタントさんは、覆面で制作を続けていらっしゃるようですが、どこかの大学の就職担当職員さんじゃないかと思われ、とにかく、幅広い分野の情報提供ができる方なんです。

最初にみせてもらった動画は息子がYouTuberを目指し始めた。というタイトルの6分ほどの動画。

親子の会話と最後のどんでん返しが秀逸で、彼が勧めるのも納得のクオリティ。作者のご努力には頭が下がります。

内容もしっかりしていて思わず「うまいな~」っとうなってしまいました。

このチャンネル、気に入ってしまってすぐに登録。

教室の生徒さん達にも、たまに休憩時間に見てもらったりしていますが、考えさせられる内容の作品が多いせいか、

見てくれた生徒さん達は、
「初めて知りました!」とか、
「こんな業界だったんですね。」とか、
「自分の将来、考えてみます…」とか、

世の中の「仕事」「職業」「大学の現状」をわかりやすく無料で紹介してくれているこの動画サイト、厳しい現実をつきつけられることも多々ありますが、うちの生徒さん達には好評です。

中学時代は、生徒さん自身も、保護者の皆さんも、将来についてハッキリとしたヴィジョンを持っている方って少ないんじゃないでしょうか。

まして、AIがプロ棋士を倒しちゃったり、ロボットがバク天しちゃったり、クモの糸で服ができちゃったり…
そんな、世の中が大きく変わろうとする時代ですから、今はアニメの中おとぎ話が数年後は世界にあふれかえっている…そんなことが現実に起こる可能性は十分あるわけです。

先が見えない時代だからこそ、最近の大学の状況や今ある仕事のリアルな側面を、まずプロのキャリアコンサルタントさんが用意してくれた動画で確認してみる。
そのうえで、興味がある業界を詳しく調べてみたり、実際に足を運んでみる。

新しい世界に挑戦したいと思うなら、なおさら現状把握って大切だと思うんです。

まとめ

昨今の教育改革で、プログラミング的思考を伸ばすことが大切という論調が増えてきているように感じますが、まずその前に現状をしっかり把握したうえで、自分は「どうしたいのか?」をベースに将来を考えてもらうことは、
自分の人生を自分の意志で切り開いていくうえで、とても大切な取り組みの一つじゃないだろうか?と思うんです。

「新 13歳のハローワーク」は買ってあげたけど、子どもが読んでくれない…

なんてがっかりしている保護者の皆さんには、特におススメのサイトです。

こういった「塾生さん達の将来に役立つ情報提供」ができるのも、マンツーマン個別指導塾だからこその取り組みだと考えてます。

まずは保護者の皆様に動画を見て頂いて、いいなと思っていただけたらお子さんたちと一緒に見てみるなんて使い方もできそう…

ちょっと難しい内容もありますが、小学校高学年以上のお子さんなら理解できる、安心して見てもらえる内容ですので、是非一度アクセスしてみてはいかがでしょうか。

Fラン大学就職チャンネル -Fラン大生の就職実態 原因は本当に学歴?-」

今回も、貴重なお時間を割いて最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

マンツーマンで小中学生の自律学習を支える、新潟市の個別指導塾

CTR IMG