のび校長イラスト左笑顔
のびさん
こちらの記事では、公立高校一般入試の合否について、新潟県・新潟市の公開資料を基に解説しています。県教委・市教委の様式サンプルもご用意!
調査書中の「内申点」と「学力検査結果(得点)」、「学校独自検査結果(得点)」からどのように総合得点を出し、順位を決めているのか?
丁寧にご説明します。
公立高校への進学を考えている中学生の皆さんと保護者の皆様にとって、公立高校の一般入試では、どのように合否が決められるのか?
内申点は、入試の総合得点のうち、どれくらいのウエイトを占めるのか?
は、とても気になるポイントではないでしょうか。
そこで、公立高校一般入試の選考方法と合否の決め方入試での内申点のウエイトについて、
新潟県の公的資料 ⇓
をもとに、参考例を挙げて詳しくご紹介します。

こちらの記事は、

のび校長イラスト左笑顔
のびのび
●小中学生対象完全個別指導塾の校長(経営者兼専任講師)
●開校5年半で、新潟県内トップ私立高校合格者を輩出。
●年評定平均:中学時代3.7→高校進学後4.9、4.8の塾生を輩出。
●サポートした不登校の卒塾生、大学へ進学。
●当ブログ、にほんブログ村カテゴリー「中学受験(個人塾)」
で、2020年6月から10
ヶ月連続ランキング1位。
2021年3月、開設15ヵ月目で月間4万PV超。
●元公立高校教員
●現役カウンセラー
の“のびのび”が書いています。
この記事のポイントは

● 内申点、入試試験結果の点数と、「入試の得点」は違う。
● 新潟県の公立高校一般入試は、「入試の得点」出すための計算式がある。
● のび君の内申点と、入試の点数を参考に、入試の「総合得点」を試算。
● 試算の結果から、内申点が「総合得点」のどのくらいを占めるか?を逆算。
● 希望の高校を選べるようになるための対策。

の5つ。
のび校長イラスト左笑顔
のびさん
コピーできない公的文書は、資料をみて自分で書き起こしました。
[outline]

公立高校一般入試の「総合得点」の出し方は?

新潟県公立高校一般入試のイメージ画像

はじめに試算結果をご覧ください。

新潟県立NOBI高校一般入試で、
のび君「総合得点」440点から逆算した比率は…
内申点:240/440 = 54.5%
学力検査(5教科):150/440 = 34.1%
学校独自検査:50/440 = 11.4%

 

まず注意して頂きたいのは「総合得点」という表現。

内申点、入試試験の点数と、「入試の得点」は違うという点です。

入試用の計算式に受験者の内申点と入試点数を入れて計算して出されるのが「入試の得点」なのです。

計算後の得点は、「換算点」と呼ばれています。

のんままさんしつもん
のんママさん
それにしても、半分以上って…
内申点の比率、こんなに高いんです
か?
のびさん口あけ
のびさん
ですよね…
順番に丁寧に
説明していきます。

調査書「学習の記録(内申点)」と「学力検査」の「換算点」の出し方は?

新潟県公立高校一般入試の総合得点表

 

ここでは、のび君の中学時代の成績と公立高校一般入試の点数を例に実際に計算してみます。

のびくんイラスト3

表で示したカラーは、文中の文字色とリンクしています。

 

調査書内「学習の記録(内申点)」の換算点の計算方法

のび君は3年間全教科の評定(成績)がオール「3」でした。

評定(成績)「3」 × 9教科 × 3学年 = 内申点 81点

なので、

換算点(表のb) = 81点 ÷ 135点(内申点満点) × 1000
= 0.6 × 1000
= 600

になります。

「学力検査」の換算点の計算方法

のび君、県立NOBI高校を受験!

学力検査入試点数は

5教科全て、50点

という結果でした。
※2019(平成31)年度入試の全日制5教科平均の合計は、253点です(小数第1位四捨五入)。

50点 × 5教科 = 250点

なので、

換算点(表のc) = 250点 ÷ 500点(満点) × 1000
= 0.5 × 1000
= 500

になります。

新潟県公立高校一般入試の換算点

この

換算点b = 600点

換算点c = 500点

それぞれに

さらに

受験した新潟県立NOBI高校

が設定している

内申点と学力検査の比重

をかけて、合計したものが

表の中の

得点(表のa1)

になります。

※調査書と学力検査の比重とは?
「うちの高校では、内申点は40%、学力検査(入試の点数)は60%の重みで評価しますよ。」ということ。
新潟公立高校の内申点と学力検査の比率は「5:5」「4:6」「3:7」の3パターンです。

公立高校一般入試の「得点」の出し方は?

のび君が受験した新潟県立NOBI高校の調査書と学力検査の比重

4:6

でした。

 

換算点b = 600点

換算点c = 500点

それぞれに

40% = 0.4

60% = 0.6

をかけると…

600 × 0.4 = 240

250 × 0.6 = 150

そして、この2つを合計して…

240 + 150 = 390

新潟公立高校一般入試の「得点」出し方

この 390点 が、のび君の高校受験の 得点 a1 となります。

公立高校一般入試の「総合得点」の出し方は?

新潟の公立高校一般入試では、2日目に学校独自検査(表のd)が行われます。

文字通り、その高校独自の入学検査

 

2020年度入試で学校独自検査のなかった公立高校は

長岡市の正徳館高校1校、

その他の県立、市立高校は全て実施されました。

学校独自検査の点数は

500点満点、400点満点、300点満点、200点満点、100点満点

引用元:令和2年度 新潟県公立高等学校 入学者選抜要項(12ページ)

の5種類、ですが、実際には

500点満点、200点満点、100点満点

がほとんどで、

100点満点の検査が最も多くなっています。

令和2年度新潟県公立高等学校 学校・学科ごとの募集人数と選抜方法等

 

学校独自検査は大きく分けて、

面接(個人,集団の2種類)、PRシート、実技検査、課題作文、筆答検査(A,Bの2種類)、その他の検査

引用元:令和2年度 新潟県公立高等学校 入学者選抜要項 12ページ

の6種類あります。

 

のび君が受験したNOBI高校の学校独自検査は筆答検査B。

点数は100点満点中、50点でした。

 

先ほど出した得点a1 390点

学校独自検査 50点 をたすと…

得点a1 390点 + 学校独自検査d 50点 =

440点

 

こうして出された得点が新潟県公立高校一般入試の

総合得点(表のa2)

となるのです。

のび君イラスト19

新潟県公立高校一般入試総合得点の出し方

 

最後に、このように出された総合得点の高い順に通し番号をつけて順位を決めるのです。

高等学校長は

(この受験者全員の結果が記入された)「総合得点表」を主な資料とし,これに「各教科の学習の記録(内申点)」以外の「調査書」記載事項を併せ「入学者選抜会議」の審議を経て,入学者を選抜する。

引用元:令和2年度 新潟県公立高等学校 入学者選抜要項(13ページ)

ことになります。

 

中学の内申点、公立高校一般入試の合否に占める重み まとめ

希望高校合格イメージした画像

はじめにお伝えしたとおり、

新潟県立NOBI高校一般入試で、
のび君「総合得点」440点から逆算した比率は…
内申点:240/440 = 54.5%
学力検査(5教科):150/440 = 34.1%
学校独自検査:50/440 = 11.4%

あくまで、新潟県の公立高校一般入試での総合得点の出し方と結果からの逆算になりますし、

お住いの都道府県、受験する高校の内申点と「得点」の比率、本人の内申点、学校独自検査の種類と得点で結果は大きく変わってきますが、

上記の例からは

新潟県の公立高校一般入試で、調査書中の「学習の記録」=内申点が大きなウエイトを占めている

ことが見えてきます。

新潟市の中学校の場合、調査書内の「学習の記録」=内申点は、中学1年、中学2年、中学3年のそれぞれの学年の9教科の評定(5段階の成績)を合計したもの

です。

中学1年生の前期(1学期)定期(中間)テストの5教科の成績から新潟県の公立高校入試の合否を決める重要な要素

となるのです。

各教科の評定は、学期ごと、学年ごとに積みあがっていくものですので、評定「3」を、すぐに評定「5」に引き上げるのは

至難の業です。

中学1年生で進学したい高校を決めている生徒さんは少ないと思います。

ですが、中学3年生になったとき内申点が足りずに進学したい高校を選べなくて一番悲しい思いをするのは本人です。

将来、進学したい高校を選べるようにするためにも、まずは、日々の教科の取り組みを見直してみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

古来より

「千里之行、始於足下」
(『老子』第64章 千里の道も一歩から)

と申しますので……

 

【関連記事】
中学校の学年成績の決め方(通知表スケジュール)につきましては、下記の記事をご参照ください。

 

のび校長イラスト左笑顔
のびのび
最後までお読み頂き、ありがとうございました。
少しでもお役にたてましたら、幸いです。

 

スクールの特徴につきましては、下記ページをご参照ください。

 

お問い合わせにつきましては、下記ページをご参照ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事