【簡単把握】評定の出し方は?5段階になる中学の成績、押さえたいポイント

中学の成績の決め方に疑問を持つ保護者のイメージ画像

 

のび校長イラスト左口
のびのび
こちらの記事では、中学校5段階成績(評定)の出し方について、新潟市内の中学校と東京都教育委員会の公開資料をもとに、基本の部分にしぼって説明しています。保護者の皆様の「わかりにくい」の声にお応えすべくオリジナルの図表もご用意しました。ざっくりつかみたい皆様にお役立て頂ける内容です!

 

  • 記事の内容
●中学校の成績(評定)は、小学校の3段階から5段階に変わる。
●中学校の成績(評定)の出し方にはルールがある。
●「内申点」とは、5段階の成績(評定)の合計のこと。
●「内申点」は、高校入試で合格不合格を決める重要な材料。
●「内申点」をあげることは、希望高校進学への近道。

 

  • 記事の信頼性
    こちらの記事を書かせて頂いたのは、
のび校長イラスト大左向き
のびのび
●小中学生対象完全個別指導塾の校長(経営者兼専任講師)
●開校5年半で、新潟県内トップ私立高校合格者を輩出。
●高校進学後、年評定平均4.9、4.8の卒塾生を輩出。
●サポートした不登校卒塾生、大学進学。
●当ブログ、2020年6月にほんブログ村カテゴリー
「中学受験(個人塾)」でランキング1位を獲得。

●元公立高校教員
●カウンセラー
です。
のびさん

オリジナルの図表を使い、どなたでも
簡単に仕組みを把握して頂けるよう

工夫しています。まず、中学校での
成績の付け方から見ていきます。

 

 

AD
AD
最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

新潟市で小中学生の自律学習を支えるマンツーマン個別指導塾

CTR IMG
コピーはできません。