読む力を引き出すステップのイメージ画像

苦手を克服!「読む力」を無理なく伸ばす3つのアプローチ

しーママ
「読解力」に
「読む力」って必要ですか?
 
のびさん
私たちの取り組み事例から、
説明させて頂きますね。

大学入試改革を受けて、最近は

「読解力アップ」をうたう学習塾も

ちらほら見かけるようになりました。

筆者の教室では開校当初から

お子さんの読解力を引き出すこと

を学習支援の柱に

日々、小中学生の塾生さん達の

サポートに取り組んでいます。

 

筆者を含めた専任講師たちの

教師時代の経験から、

「読む力アップ」は、

子どもたちの学力を底上げし、

全教科の成績を引き上げるために

どうしても欠かせない取り組み

と考えているからなんです。

 

そこで今回は、これまでの実践の中から、

効果が高く、

簡単に取り組める

「読む力」を伸ばす3つのアプローチ

に、気をつけたい注意点も併せてご説明。

「読む力を伸ばしたい!」

と悩んでいる小中学生の皆さん、

保護者の皆さんに、

少しでもお役に立てればとの想い

から、実例も交えて、

実際に効果の高い方法を厳選して

ご紹介していきます。

 
のびさん
最後までご覧頂ければ、
嬉しいかぎりです。
AD

あらわになった、日本の子どもたちの「読解力低下」

読解力をイメージした、静かに読書する女性の画像

日本の15歳の「読解力」、15位に後退

2019年12月3日、

あるデータが公表されました。

原文は、

リンクからご確認頂けますが、

要約は次の通りです。

経済協力開発機構(OECD)は3日、世界79カ国・地域の15歳約60万人の生徒を対象に2018年に行った学習到達度調査(PISA=ピザ)の結果を公表。
2018年6月~8月に実施され、日本全国の高校など183校の1年生(15才)約6,100人が参加したこの調査で
読解力」が15位となり、前回2015年調査の8位から後退

「日本の15歳「読解力」15位に後退 デジタル活用進まず」(日本経済新聞社 2019/12/3 17:00)より引用

調査結果から浮き彫りになった

日本の高校生の弱点は

  • 文章の中から必要な情報を探し出す問題
  • 情報が正しいかを評価する問題
  • 根拠を示して自分の考えを説明する問題 

の3点。

筆者たちの実感が、

データとして裏付けられた形です。

そもそも「読解力」とは?

そもそも

読解力とはどんな力

を指すんでしょうか。

前述の調査を実施し

結果を取りまとめている

文部科学省国立教育政策研究所の

国際研究・協力部の資料

OECD 生徒の学習到達度調査2018年調査(PISA2018)のポイント

では、

「読解力」を、

「自らの目標を達成し、自らの知識と可能性を発達させ、社会に参加するために、テキストを理解し、利用し、評価し、熟考し、これに取り組むこと」

と定義。

調査で測定する能力を、

  1. 情報を探し出す
    要素① テキスト中の情報にアクセスし、取り出す
    要素② 関連するテキストを探索し、選び出す
  2. 理解する
    要素① 字句の意味を理解する
    要素② 統合し、推論を創出する
  3. 評価し、熟考する
    要素① 質と信ぴょう性を評価する(2018年度より導入)
    要素② 内容と形式について熟考する
    要素③ 矛盾を見つけて対処する(2018年度より導入)

の3点(とそれぞれの要素)としています。

読解力のベース「読む力」を磨いて、国語を稼ぎ頭にした塾生さん

読解力アップのイメージ画像

筆者を読書好きにした両親の工夫とは?

ということは、

文章を読んで理解する

読解力の基になる「読む力」は

不可欠と言えそうです

この力を伸ばすには、やはり

「読書」は多いにこしたことはない

と思うんです。

 

大人になって

日本語の文章が理解できないと、

どんな仕事でもうまくこなせませんし、

なにより、理解できないばかりに、

利用されてしまったり、

騙されてしまうことだってある

と思うんです。

でも、

「本嫌い!」

「読みたくない!」

「苦手!」

「いや!」

な、小中学生諸君は、

もともとモチベーションが希薄。

小学校高学年になっても、

読書量が増えなかった筆者も

まさにそんな子の一人。

業を煮やした両親は、

ある日、廊下のつきあたりに

古ぼけたスチール書棚をセット。

そこに、

自分たちが読んだ、買ってきた、

本を詰め込んで、

「どれでもいいから、とにかく読め!」

と筆者に詰め寄ったんです。

 

仕方なく

「一つの話が短い本はないかな?」

と、詰め込まれた本の中から

必死で探したら、あったんです!

星新一先生の

ショートショート集、薄い文庫本が。

親は別の本を読ませたかったんでしょう、

不満げでしたが、

まあ、読むって言うんだから仕方ない…

 

これが、

タイトルはわすれちゃいましたけど、

読んでみるととっても面白かった!

 

それから少しずつ、

文章の合間の写真ページが

とても美しくて

興味そそる開口健先生の本なんかも

自分から

手に取るようになっていったんです。

 

読書がきっかけで、国語が稼ぎ頭になった塾生さん

筆者の教室にも、

スポーツ大好き!

「マンガは読む」けど、

読書はすすんでしない塾生さん

がいました。

成績は中くらい。

 

文章を読み解く力が足りてなくて、

他教科の成績アップの足かせに…

 

高校入試までに読む力を

なんとかアップさせてあげたい、

少しでも読書量を増やしてほしい、

と考えて、中2の春ころから、

マンガの延長として、教室にある絵本

ことあるごとにすすめました。

 

最初は興味なさそうにしていましたが、

すすめられて根負けしたのか、

少しづつ読んでくれるようになり、

たまにですが、感想も教えてくれるように。

 

中3の夏も終わり、

部活も引退して受験勉強にとりくむ日々。

レンタルできる絵本も少なくなり、

教室の児童書数冊も読み終えてくれたころ、

中学時代の出来事を思い出して、

勉強の合間の気分転換にでもなれば、

と星先生の作品集を

古書店で探してきて、

「ショートショートって言ってね、

 一つの物語は短い作品を集めたものだから、

 気分転換にいいと思うよ!」

と、すすめてみることに

 

絵本と児童書で読書に慣れてくれたろう、

すんなりうけいれてくれるだろう、

とおもいきや、

ここでも、はじめは興味なさそう…

 

動画サイトや動画SNSがお気に入り、

おススメ動画を教えてくれるほどの塾生さん。

 

オッサン塾講師がすすめる中古の本なんて、

普通に考えれば、興味わくわけないです。

2回に1回くらいは、

「あ、今はいいです。」

と、ハッキリ断られてました

 

読んでくれた時に感想を聞いても、

「まあまあでしたね…」

と、のれんに腕押し状態。

ただ、変化は感じていました。

国語の成績が少しずつ上がってきた

んです。

 

いま、彼女は高校生。

進学した私立高校は、

特進クラスがある学校。

特進クラス入りをすすめられたんですが、

「部活できないのは絶対イヤ!」

と、その下の進学クラスへ。

 

彼女の学年はそんな子が多かったようで、

今のところ、定期テストでは毎回、

特進より好結果をたたき出す

「特進越えの進学クラス」の一員

 

しかも、その

クラスで毎回10位以内、

学年でもトップ20を下回ることはありません。

中でも国語は、得点の稼ぎ頭、

通知表を見せてくれて、

1年間の全教科評定平均は

なんと4.9に!

 

最近になって教えてくれたんですが、

星先生の作品を

「結末が予想できないから、おもしろい!」

と、気に入ってくれていたそうで、

借りた本はしっかり読んでいてくれた

とのこと。

 

高校進学後、古文、漢文も含めて、

国語が稼ぎ頭になった原動力の1つは、

あの読書、すすめて良かった

と胸をなでおろしています。

「読む力」を無理なく伸ばす3つのアプローチ

読む力を引き出すアプローチのイメージ画像

こんな経験から、

読書好きでない生徒さんに

読書をすすめるとき、

気をつけたこと

そのアプローチは、

  1. スモールステップ
  2. 無理強いしない
  3. あきらめない

の3点です。

アプローチその1 スモールステップ

個人的には、

マンガ好きであれば、

読む力を伸ばすのは難しくない

と思っています。

 

マンガだって、

説明文や登場人物たちの会話は

短文ではありますが文章ですし、

文の意味がわからなければ

マンガの面白さも半減してしまいます。

 

絵から入るタイプのお子さんには、

絵が多いものから少しずつ文章の多い本に、

小さなステップで難易度を上げていく

方法がおススメ。

 

絵本は、絵が多くてすぐ読み終わるものから、

文章が多くて考えさせる内容のもの、

中には大人向けのものまで

幅広く出版されていますし、

図書館や図書室には

必ず用意されているジャンルですから、

スモールステップにはもってこい。

 

絵本が苦痛でなくなったら、

文字の大きい児童書

 

文字が小さく挿絵の少ない児童書から

ショートショートに代表される短編文学へ

 

そして、

写真や挿絵をふんだんに掲載している

文学作品やルポルタージュへ。

 

スモールステップで、

楽しみながら

レベルアップできるように工夫

 

苦手意識の克服は、

アプローチを工夫すれば

決して難しいことではないんです。

アプローチその2 無理強いしない

普段から、

塾生さん達や保護者の皆様の

ご機嫌取りはしません(笑)。

ですが、

すすめるタイミングには

気をつかっています

 

ブレイクタイムなどに、

本をすすめても嫌な顔はしない、

手に取ってみようとするようなら、

貸し出ししていることを伝えます。

 

全く興味をしめさない、

いやそうにするなら、

すぐ話を切り替えて

しつこくすすめることはありません

 

タイミングをうまくつかめば、

それまで本に興味を示さなかった子でも

手に取ってくれるようになるのです。

アプローチその3 あきらめない

1度や2度、断られたからといって、

読書をすすめることをやめたりはしません。

 

卒塾生たちの成功体験、

失敗体験の事例を紹介し、

読む力のアップに読書が一役買うこと、

読む力がつくと、成績アップにつながること、

タイミングをみはからいつつ、

繰返し伝えています

 

「読む力は読解力アップのベースになる」

と信じていますし、

うちの生徒さんひとりひとりの

「読む力を引き上げてあげたい」

と本気で考えています。

 

遠回りのようで、

実は、一番確実な

成績アップの原動力

の一つになるからです。

「読む力」を伸ばす3つのアプローチ 注意点

ただ、

この3つのアプローチには、

注意点が1つ。

漢字の読み書きが

普通レベルで

できている生徒さんである

ことが、前提

になります。

 

たとえば、

中2段階で、小学校1~2年の漢字で

つまづいているような生徒さん

(以前そんな塾生さんがいたんです…)

の場合、

全く効果がないわけではありませんが

時間がかかりすぎてしまう

ので、そういう生徒さんは、

まず、漢字の勉強から始める必要

があります。

「読む力」を無理なく伸ばす3つのアプローチ まとめ

本を読む力が伸びた少年のイメージ画像

読む力のアップに欠かせない「読書」、

中学卒業までには

身につかないかもしれません。

 

ですが、ご紹介した

3つのアプローチがきっかけで

読書の重要性に気づき、

結果を出してくれている

卒塾生さん達がいるのも事実。

 

また、大学入試改革で導入される

共通テストは、

推薦入試、AO入試にも

大きな影響を与えていて、

推薦・AO入試ですが、こちらも一般入試に比べて楽、というわけではありません。読解力重視の流れは推薦・AO入試でも変わりません。

「結局どうなる共通テスト~記述式廃止でもセンター試験から変わる8つのポイント」
大学ジャーナリスト石渡嶺司氏のコラムより引用(2019/12/17(火) 21:08ヤフーニュース)

と指摘されていて、

保護者の皆さんの

学生時代の入試とは

大きく様変わりしています。

 

公立高教員だった筆者の経験からも、

読解力不足の高校生が

読解力を高めようと

好きでもない読書に取り組むのは、

大変な時間と労力がかかるものです。

 

できれば、小学生のうちから

お話してきた3つのアプローチと

注意点を参考に、

まずは「読む力」のアップを

意識して

取り組まれてみてはいかがでしょうか。

 

参考として、

司書という「本のプロ」の立場から、

埼玉県の公立高校図書館の活性化に

取り組んでおられる

湯川康宏氏のユニークな取り組みも

併せてご紹介させて頂きます。

伝説の高校図書館つくった名物司書「情報源は本じゃなくてもいい」

(withnews 2020.2.6)

 

のび校長イラスト右口
のびさん
少しでもお役に立てたなたら
幸いです。

【関連記事】
読解力を鍛えるトレーニング法につきましては、下記の記事をご参照ください。

5教科の得点力アップにつながる「読解力」トレーニングとは?

 

スクールの特徴紹介につきましては、下記ページをご参照ください。
 
お問い合わせにつきましては、下記ページをご参照ください。

 
(Visited 1 times, 1 visits today)
AD
読む力を引き出すステップのイメージ画像
最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

新潟市で小中学生の自律学習を支えるマンツーマン個別指導塾

CTR IMG
テキストのコピーはできません。