中学校5段階評定をイメージしたウサギのイラスト

【徹底比較】新潟県の公立高校一般入試、内申点でどれだけ差がつく?概要確認!

内申点のしくみを確認するイメージ画像

 

のんままさんはてな
のんママさん
公立高校の入試、内申点ってどれくらい合否に影響するのかな…
のびさん口あけ
のびさん
公立高校の一般入試、内申点でどれだけ差がつくのか?新潟県を例に比べてみます。
  • 記事の内容は、
●新潟県公立高校一般入試(一般選抜)で内申点でどれだけ差が出るか?を比較(概要)
●公立高一般入試での内申点の重要性

●まとめ
となっています。

こちらの記事を書かせて頂いたのは、

のび校長イラスト大左向き
のびのび
●小中学生対象完全個別指導塾の校長(経営者兼専任講師)
●開校5年半で、新潟県内トップ私立高校合格者を輩出。
●年評定平均:中学時代3.7→高校進学後4.9、4.8の塾生を輩出。
●サポートした不登校卒塾生、大学進学。
●当ブログ、にほんブログ村カテゴリー「中学受験(個人塾)」
で、2020年6月より6ヶ月連続ランキング1位。
●元公立高校教員
●現役カウンセラー
の通称「のびさん」、教員時代はソフトボール部の監督を2年つとめました。
試験と内申点の比率の違いをイメージして頂くためオリジナルの概要図をご用意しました。
ある生徒さんが公立高3校を受験したと仮定して(ありえない状況ですが…)同条件の結果だったとき、(これも、ありえませんが…)内申点で入試結果はどれくらい差がつくのか?新潟県の公立高校一般入試でおおまかに比較します。
結果やいかに?
※図表は比較をイメージして頂くため、筆者が独自の視点でおおまかに表現したものです。
実際の新潟県公立高校一般入試の受験者の総合得点の出し方とは異なりますので、ご注意ください。

新潟県公立高校一般入試の受験者の総合得点の詳しい出し方につきましては、こちらの記事をご参照ください。

関連記事

のびのびこちらの記事では、公立高校一般入試の合否について、新潟県・新潟市の公開資料を基に解説しています。県教委・市教委の様式サンプルもご用意!調査書中の「内申点」と「学力検査結果(得点)」、「学校独自検査結果(得点)」か[…]

公立高一般入試、内申点の重みは?画像

 

のび校長イラスト左口
のびさん
少しでもお役に立てれば幸いです。

 

AD

 

AD

内申点でどれだけ差がつく?公立高校入試を再確認

中学校5段階評定をイメージしたウサギのイラスト一列

 

はじめに、内申点の材料となる、中学校の5段階評定から見ていきます。

公立高校一般入試の合否を決める材料は?

内申の元になる5段階評定をイメージしている画像

試験が2日ある(=学校独自検査がある)

新潟県の公立高一般入試の合否は、3つの材料で決まります

材料① 内申点

内申点は

調査書(=内申書)の教科成績中学1年、2年、3年の国、数、英、社、理、音楽、保健体育、美術、技術家庭9教科それぞれの5段階学年評定(成績)をすべてたしたもの

満点で135点

になります。

たとえば、ある中学校の生徒さんが

オール5だった場合は…
学年3 × 教科9 × 評価5 = 135 点

オール3だった場合は…
学年3 × 教科9 × 評価3 = 81 点

となります。

材料② 学力検査

入試1日目。国、社、数、理、英の5教科ペーパーテスト。

満点で500点

※3教科の場合は300点

材料③ 学校独自検査

入試2日目。高校ごとに違う試験。面接、PRシート、実技、課題、作文、筆答検査(A,B2種)、その他。

試験なし、100点満点、200点満点、300点満点、400点満点、500点満点の6種類

公立高校一般入試の合否を決める、総合得点の出し方は?

この3つの材料

①内申点
②入試1日目5教科合計得点
③入試2日目学校独自検査得点

の合計で、生徒さんひとりひとりの得点を出していくのですが、

単純にたすのではなく高校入試独自の計算方法があります。

得点の計算方法(イメージしやすさを優先)

その1:
①内申点+②学力検査を1,000点満点におきかえます。
その2:
「その1」で出た点数に、高校ごとに違う、
③学校独自検査の得点をプラスします。

こうして出した合計得点の高い人から合格が決まっていきます。

たとえば、
③の学校独自検査が100点で満点の高校の場合 :

①内申点+②学力検査で1,000点 + ③学校独自検査で100点 = 合計 1,100点 満点となります。

※3年間オール5、学力検査500点(満点)、面接100点(満点)の生徒さん

さらにこの

③学校独自検査が100点で満点の高校を例に、

①+②1,000点満点の中で、

①内申点と②学力検査の割合が違う高校3パターン

を見ていきます。

図だけだとわかりにくいかもしれません。

架空の生徒「のび君」の受験物語で、志望校別で内申点で具体的に比べます。



AD

 

「のび君受験物語」で見る、公立高校一般入試3パターン 比較

試験を受ける受験生のイメージ画像

 

新潟県公立高一般入試の内申点の重み図

 

のび君は、新潟県の中学3年生。

のびくんのイラスト1

上の比較図の

新潟市内の公立高

(1)高校、

(2)高校、

(3)高校

すべて受験しました。

※実際は、同じ受験日ですので、3校受験はできません

のび君の受験結果は、3校とも

  1. 内申点:3年間 オール 3
  2. 学力検査:全教科 50点
  3. 独自検査:面接 50点/100点中

でした。

※もちろん、ありえません…

この場合の、のび君の総合得点は、それぞれ次のようになります。

のびくんイラスト3

(1)高校(内申割合3:五教科得点割合7)の場合

①内申点 : 81点 × 2.22 ≒ 179 点 ※小数点以下切捨て
②学力検査 : 50点 × 5教科 × 1.4 = 350 点
ですので、①、②の合計は 529 点 / 1000点 満点中
これに
③独自検査:50点/100点中 をたして
529 点 + 50 点 =

総得点 579 点 / 1100点満点中

となります。

(2)高校(内申割合4:五教科得点割合6)の場合

①内申点 : 81点 × 2.96 ≒ 239 点 ※小数点以下切捨て
②学力検査 : 50点 × 5教科 × 1.2 = 300 点
ですので、①、②の合計は 539 点 / 1000点 満点中
これに
③独自検査:50点/100点中 をたして
539 点 + 50 点 =

総得点 589 点 / 1100点満点中

となります。

(3)高校(内申割合5:五教科得点割合5)の場合

①内申点: 81点 × 3.7 ≒ 299 点 ※小数点以下切捨て
②学力検査: 50点 × 5教科 × 1.0 = 250 点
ですので、①、②の合計は 549 点 / 1000点 満点中
これに
③独自検査:50点/100点中 をたして
549 点 + 50 点 =

総得点 599 点 / 1100点満点中

となります。

 

のび君が受けた入試の結果は3校とも全く同じ成績という条件でしたが、

内申点:学力検査の比率と

得点を並べると

(1)高校 3:7→ 579点

(2)高校 4:6→ 589点

(3)高校 5:5→ 599点

になることがおわかりいただけると思います。

のびくんイラスト2

志望校選びの際、

内申点に自信がない場合は、
(1)高校のように
内申点3:入試(初日5教科のテスト)7の実力を重視する高校

内申点に自信がある場合は、
(3)高校のように
内申点5:学力検査(初日5教科のテスト)5で、中学での日々の取り組みを評価してくれる高校

を意識して選んでみることも、一つの考え方ではないでしょうか。

 

高校ごとの

①内申点と②学力検査の比率の違い、

③学校独自調査の点数の違い
(なし~500点満点)の情報

につきましては新潟県のホームページか、以下のリンクからご確認いただけます。

「令和2年度新潟県公立高等学校学校・学科ごとの募集人数と選抜方法等」
※PDFデータを開くことができるデバイスが必要となります。

この資料で、希望する高校の

①内申点と②学力検査の比率の違いを確認したいときは、上記リンク資料の

表の中央部「一般選抜」枠内

左端の「調査書と学力検査の比重」の欄を、

③学校独自調査の点数の違いを確認したいときは、資料の

表「一般選抜」枠の

右側「学校独自調査」内の

右端「配点」欄を、

それぞれご確認ください。

 


AD

 

内申点でこれだけ差がつく!高校入試再確認 まとめ

中学生の皆さんのイラスト

公立高校の入試制度は、時代によって少しずつ変化していきます。

中学2年生、中学1年生の生徒さんだけでなく、

これから中学生になる小学6年生をお持ちの保護者の皆様にも、

この資料を将来をみすえた高校選択の、一つの材料として事前にご覧頂き

小学生の段階から学校の成績に意識を向けていただくことで、

中学3年生の夏休みに慌てることなく

お子さんが充実した高校生活を送ることができる希望校を選ぶときの幅が広がる

のではないでしょうか。

 

のび校長イラスト左口
のびさん
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
少しでもお役にたてましたら幸いです。

内申点の材料となる「5段階評定の決め方の基本」につきましては、下記の記事をご参照ください。

関連記事

 のびのびこの記事では、中学校5段階成績(評定)の出し方について、新潟市内の中学校と東京都教育委員会の公開資料をもとに、基本の部分にしぼって説明しています。保護者の皆様の「わかりにくい」の声[…]

 

成績を出す際A、B、C3段階でつけた各観点の「評価」を5、4、3、2、1の5段階評定(成績)に変換するプロセスにつきましては、下記の記事をご参照ください。

関連記事

 のびのびこちらの記事では、教科ごとの学期や学年の成績を出すとき、A、B、C3段階でつけた各観点の「評価」を、5、4、3、2、1の5段階の「評定」(成績)にする方法について、新潟市内中学校生徒さんからお[…]

観点別評価を5段階評定に変える様子をイメージした画像

 

中学校の学期ごとの5段階評定(成績)の出し方につきましては、下記の記事をご参照ください
新学習指導要領での「評定に関する変更点」も追記しました。

関連記事

のびのびこちらの記事では、新学習指導要領の評価は3観点で通知表の成績になる点を確認した上で、中学の学期の5段階評定(成績)出し方を、4観点での出し方で説明しています。オリジナルの表とグラフもご用意!わかりやすい解説に[…]

 

内申点の元になる、中学通知表の学年成績(評定)の出し方(3学期制のモデルケースによる説明)につきましては、下記の記事をご参照ください

関連記事

 のびのびこちらの記事では、中学校のある教科の年間成績が決まるまでの流れを、新潟市内中学校と東京都教委の資料をもとに、教科に注目して「3学期制のモデルケース」で解説、おおまかな流れを見ます。オリジナ[…]

中学校の学期評定の出し方フロー図

 

内申点(調査書(=内申書)の教科成績)の素となる
通知表と9教科の5段階評定(成績)につきましては、下記の記事をご参照ください

関連記事

 のびのびこちらの記事では、通知表の9教科5段階評定(成績)年間成績の決め方について、通知表の年間スケジュールからご説明しています。入試の合否を決めるための重要な材料で、内申点の基となる9教科5[…]

スクールの特徴紹介につきましては、下記ページをご参照ください。

お問い合わせにつきましては、下記ページをご参照ください。

 

(Visited 960 times, 1 visits today)
AD
中学校5段階評定をイメージしたウサギのイラスト
最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

新潟市で小中学生の自律学習を支えるマンツーマン個別指導塾

CTR IMG