小学校英語2020年度必修化!変更点を再確認

しーママ
小学3年生、4年生、5年生、6年生で、英語は、2020年度から何が、どう変わるのかしら?

2020年度から、小学校で英語が必修化されることはご存知の保護者の皆様も、中には何がどう変わるのかはっきりせず、不安に感じられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、

のびさん
2020(令和2)年度から小学校で全面実施される新学習指導要領で英語の学習で変わる内容とコマ数についてポイントを絞ってお話ししていきます。

2020年度から小学校の英語が必修化。変更のポイントを再確認!

机で英語を勉強中のイメージ画像

 

おさらい

今回、国=文部科学省が決めた一番新しい学習指導要領(=新学習指導要領)、
小学校では2020(令和2)年度、中学校では2021(令和3)年度から完全実施
されます。

まず最初に、おさらいですが、学習指導要領とは

●国が示す「小中高校などで教える内容や目標のめやす(基準)」

で、

●文部科学省が決めた「小・中・高の各段階で教えなければならない最低限の内容のめやす(基準)」

のことです。

年間授業時間を決めたり、教科書編集の基準になったりしているもので、だいたい10年ごとに改訂されています。

学習指導要領の改訂の大まかなスケジュール

一番新しい学習指導要領(=新学習指導要領)は、2017(平成29)年3月に改訂されましたが、今回ここで取り上げる小学校は、2020(令和2)年度に完全実施されるまでは、前の学習指導要領から新学習指導要領に変えるための準備期間(移行期)となっています。

ですから、2018(平成31)年度、2019(令和元)年度は、小学校の準備期間(移行期)というわけです。

そこで今回は、2020(令和2)年度からの小学校新学習指導要領の「英語」の変更ポイントについてまとめてみました。

小学生の英語、教育内容の計画(=教育課程、カリキュラム)は新学習指導要領でどう変わる?

カリキュラムの内容は?

小学3・4年生
教科外の教育活動の1つ「外国語活動」=英語で、「話す」「聞く」を学ぶ
※これまでは教科外の教育活動の1つ「総合的な学習の時間」の中で英語活動を実施。

小学5・6年生
正式な教科とした「外国語」=英語を、「話す」「聞く」にプラスして「読む」「書く」も学ぶ
※これまでは、教科外の教育活動の1つ「外国語活動」=英語で、「話す」「聞く」を中心に学習。

コマ数(年間授業数)は?

小学3・4年生週1コマ、年間35コマ
※これまで小学5・6年生で行っていたものを前倒し

小学5・6年生週2コマ、年間70コマ

2018(平成31)年度、2019(令和元)年度の準備期間では、新しい学習指導要領の内容や計画の一部がスタートします。

準備期間(移行期)の英語の変更ポイントは?

2018(平成31)年度、2019(令和元)年度の準備期間、全ての公立小学校で、

小学3・4年生
年間最低15コマの「外国語活動」をスタートさせる

小学5・6年生
いまの「外国語活動」年間35コマに、新たに15コマプラスした
年間50コマで、新学習指導要領の教育内容の計画(=教育課程、カリキュラム)の一部をスタート
させることになっています。

ちなみに、2020(令和2)年度の新学習指導要領の完全実施で
小学校の授業のコマ数は、6年間で以前の学習指導要領で実施されていたコマ数より
140コマ増えて5785コマとなり、前回の改訂から2回連続の増加となっています。

単純計算をそのまま当てはめるわけにはいきませんが、2020年度から1学年平均約23コマ授業時数が増える計算です。

なお、新学習指導要領は、中学校でも2021(令和3)年度から完全実施、高校でも2022(令和4)年度の1年生から学年進行で実施される予定となっています。また、大学入試は2024(令和6)年から新しい入試制度が本格実施される予定になっています。

小学校英語2020年度必修化 変更点

新しい学習指導要領=学校で教える内容や目標のめやす(基準)が完全に実施されると、

小学校の英語は

  • 小学3・4年生で、教科外の教育活動の「外国語活動」として、「話す」「聞く」を、周1コマ年35時間に増やして勉強する。
  • 小学5・6年生で、新しい教科「外国語」として、「話す」「聞く」「読む」「書く」を、周2コマ年70時間に増やして勉強する。
  • 2019年度、新しい学習指導要領の一部が、小学3・4・5・6年生ですでにスタートしている。

ということになります。

小学校英語2020年度必修化 変更点再確認 まとめ 

2020(令和2)年度から小学校で全面実施される新学習指導要領のうち、英語の学習で変わる内容とコマ数について再確認させて頂きました。

お気づきの方も多いことと思いますが、グローバル化と「脱ゆとり教育」の大きな流れの中で、2020(令和2)年度以降は、
小学校では英語を、今まで5・6年生で取り組んできたものを3・4年生で学ばなければならなくなり、5・6年生は教科としての「英語」をこれまでの2倍のコマ数学ばなければならなくなるわけです。

また、小学校の総授業時数は、6年間で5645コマから140コマ増えて5785コマとなり、前回の改訂から2回連続の増加、2.4%強の授業時数増となっています。

東京都のように、2020(令和2)年度からの完全実施前に、新学習指導要領を「先行実施」する自治体があったり、すでに、小学1年生から英語学習をスタートさせている地域もあるとのこと。

準備期間の2018年度、2019年度中の授業の教材やコマ数は、各自治体や学校で定めることになっていますので、
お子様が通学されている小学校の英語の内容と計画を再確認しておけば、今後の疑問や不安を少しでも減らすことにつなげられるのではないでしょうか。

ご家庭では、具体的にどのように対処したら良いのでしょうか?こちらの記事もあわせてご覧頂き、参考にして頂ければ幸いです。

英語必修化!あわてて「英語塾」に駆け込む前に、おさえておきたいこと。

新学習指導要領のもう一つの大きな変更点、プログラミング教育必修化につきましては、こちらの記事をご覧頂ければ幸いです。

関連記事:小学校でプログラミング教育必修…なにがどうなる?いま一度おさらい

小学校のプログラミング教育必修化、再確認!

お読み頂いた皆さんの、日ごろの疑問点や不安の解消に少しでもお役にたてたとしたら幸いです。

今回も、最後までお読み頂きありがとうございました。

 

最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

マンツーマンで小中学生の自律学習を支える、新潟市の個別指導塾

CTR IMG