【ポイント把握】小学校での英語必修化!2020年度からの主な変更点は?

のび校長イラスト左口
のびのび
こちらの記事では、
2020(令和2)年度から小学校で全面実施の新学習指導要領の英語必修化で変わる内容と増える授業時数について解説しています。
その他の注意点、学習指導要領とは?もご紹介小学校で取り組まれる英語教育の骨組みをザックリつかんで頂けます。英語の授業数そんなに増えるの?

小学校の外国語教育をイメージした画像2

 

しーママ
小学3年生、4年生、5年生、6年生で、
英語は、2020年度から何が、どう変わるのかしら?
のび校長イラスト右口
のびさん
気になりますよね…英語は、2020年度から
1学年平均約23コマ授業時数が増えるんです。

2020年度から、

小学校で英語が必修化されることは

ご存知の保護者様も多いと思います。

ただ、中には何がどう変わるのか、

はっきりしないことを不安に感じる方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

こちらの記事では、

2020(令和2)年度から

小学校で全面実施される

新学習指導要領英語の学習で

変わる内容とコマ数について

ポイントを絞ってお話ししていきます。

意外と見落としがちな

その他の注意点

新学習指導要領の要点も併せ、

はじめに

ポイントをまとめました

★英語必修化、カリキュラムと時数は…
●小学3・4年生で、教科外の教育活動の「外国語活動」として「話す」「聞く」を、週1コマ年35時間勉強する。
●小学5・6年生で、新しい教科「外国語」として「話す」「聞く」「読む」「書く」を、週2コマ年70時間勉強する。
★語学のその他の注意点は…
●国語との関連からローマ字の勉強は3年生から。訓令式とヘボン式2種類の表記方法を学習。

 

のびさん
少しでもお役に立てれば、
幸いです。

 

AD
(Visited 89 times, 1 visits today)
AD
最新情報をチェックしよう!
>スクールNOBINOBI

スクールNOBINOBI

新潟市で小中学生の自律学習を支えるマンツーマン個別指導塾

CTR IMG